紙オムツにしっぽの穴を

大きい犬が死んで5か月過ぎた。
で、この夏は新盆なんだそうだが、地方によって、お盆は7月だったり 8月だったりするそうで、
子どもの頃の一時期をのぞいては仏壇もなく、お墓まいりの習慣もないまま大人になってしまったので、そういうことに疎く、だから、自分に気持ちのいいように解釈をして、大きい犬は7月にも8月にも帰ってくるのだと思って過ごした。そう思っていると、確かになんだか そこに来ているような ちょっと賑やかな気持ちがした。

さて、5カ月ほど前まで 頻繁にやっていた作業について、忘れないように書き記しておこうと思う。
その作業とは、
「人間の赤ちゃん用の紙オムツにしっぽの穴を開ける」という作業である。作業主は私だったり娘だったりもしたが、一番真剣に取り組んでいたのは、夫である。週末になると、時代劇に出てくる「傘はり浪人」ならぬ「穴開け浪人」になっていたのである。

この、一見簡単に見える「しっぽの穴」だが、これが案外難しかった。おしっこはもれなくても うんちがその穴から出てしまうことが多発したのである。そして、足腰が弱まっているためによろめいて それを踏んづけてしまい・・・・その足のまま徘徊してしまい・・・とんでもない被害をもたらしてしまうのであった。また、断尾されて短いしっぽのコッカースパニエルだったので、オムツが重くなると、脱げてしまう、ということもよくあった。うまく脱げてくれればいいのだが、引きずったまま徘徊、もしくは、脱げた中身を踏んづけて徘徊・・・、という事態に陥ると、これまたとんでもない被害をもたらしてしまうのであった・・・。

で、夫が試行錯誤の末に到達した完成形が、
c0055904_16332345.jpg
「逆T字に切り込みを入れる」である。
この切り込みは 大きくてはいけなくて、しっぽが締め付けられない程度にフィットしていなければならない。
ここに到達するまでには、
「逆三角形に切りとり、断面をガムテープで貼る」
「三角形に切りとり、断面をガムテープで貼る」
「V字に切り込みを入れ、三角の部分を上に折り上げてガムテープで貼る」
という失敗作が続き、
「十文字に切り込みを入れる」
で、満足いく結果を出し、
さらに作業効率を追求して
「逆T字に切り込みを入れる」
で、完成したのである。

断面から高分子吸収体がパラパラっとこぼれるのを最小限にするために、切り込みを入れたら 軽く振り落しておくことをおすすめする。
ちなみに12キロ弱だった大きい犬は、Mサイズを使っていた。
何度開閉してもマジックテープが傷みにくかった「マミーポコ」が使いやすかったよ。かわいいイラストもついてて、価格も安く、ありがたかったよ。
そうそう、人間とは違って、前後反対、つまり、マジックテープが背中側になるようにはめるから、しっぽの穴は前に開ける。

8月のお盆のあとで、テーブルの下のよだれの跡と 掃出し窓の鼻のあとを とうとう拭いた。
そんなのなくたって、ちゃんと心にいるね。
c0055904_16553086.jpg

[PR]
# by hatake-garden | 2013-09-10 17:16 | ペットとの暮らし

タルトタタン

少し前、タルトタタンを作った。
生まれてはじめて 作った。

タルトタタンを生まれてはじめて食べたのは 1月半ほど前である。愛宕神社の千日詣り・ほおづき縁日に行った折に、横濱屋というお店で食べた。

その後 大阪の実家へ行った時、近所の業務用スーパーの野菜や果物があまりにも安く、「あぁ、もう、ここで毎日買い物したい!」とキャーキャー言ったら、自宅に帰ってしばらくした頃に 両親がその業務用スーパーから箱いっぱいの野菜や果物を送ってくれた。
その中に入っていた青いリンゴを毎日ミックスジュースにしていたのだが、残り7個になったところで、姉がNHKの『グレーテルのかまど』のDVDを貸してくれた。その中に タルトタタンを作る、の回が含まれていた。で、タルトタタンを作ることにしたのである。
c0055904_13413333.jpg
皮剥いて4つに切ったリンゴに砂糖を加えて上下ひっくり返しながら煮る。
30分ほど煮たリンゴをクッキングシートを敷いたケーキ型にギューギューに詰め込んで1時間焼き、一度取り出して その上にタルト生地をのせて 40分焼く。
c0055904_13453814.jpg
そのまま粗熱をとり、冷蔵庫に入れて1晩冷やし、型から抜いたら出来上がり。
c0055904_13473817.jpg
いろいろ気をつけねばならないお年頃なので、リンゴに加える砂糖の量も減らし、バターは入れなかった。タルト生地に入れるはずのバターはサラダ油に置き換えた。それでも、すこぶる美味しかった!!
型から外してすぐ食べた時も美味しかったけど、翌日まで置いてから食べた方が タルト生地にもリンゴがいい感じにしみて もっと美味しかった。

・・・ただ、この季節に煮たり焼いたりは・・・ちょっとつらかったよ・・・。てへへ。
[PR]
# by hatake-garden | 2013-08-12 13:58 | 日々の暮らし

茶碗蓮

畑の庭の片隅の睡蓮鉢に 『茶碗蓮』

ある日 気づくと かわいいつぼみ
砂糖菓子みたいな かわいいつぼみ
c0055904_1051149.jpg

ふわっと咲いたら あたりがほわんと明るくなった
c0055904_10551550.jpg

茶碗蓮の花は それから
朝になると開いて虫たちを呼び
夕方になると閉じて店じまい 
を何度も繰り返し
c0055904_1153553.jpg

今は タネになろうとしているよ
c0055904_1056193.jpg

[PR]
# by hatake-garden | 2013-08-11 11:08 | 畑を彩る花たち

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では秋になったんだそうですが、暑い日が続いております。
今朝は エアコンが壊れたのかと思いましたが、ただ単に 朝から あまりにも 外気が暑かったからだったようです。
お人形用のベッドで寝ているブッチクンも、
c0055904_10351220.jpg
なんだか とっても・・・
c0055904_10353626.jpg
寝苦しいようで・・・、
c0055904_1036578.jpg
体全体を使って・・・
c0055904_1036345.jpg
寝苦しさをアピールしているよ~です。
そんな残暑厳しい毎日ですが、みなさまも お体大切にお過ごしください。
c0055904_10403269.jpg
今年 少しだけ梅干を作りました。ジュース用の青梅が色づいて半額処分になってたのを使いましたが、とっても美味しくできました。
[PR]
# by hatake-garden | 2013-08-09 10:44 | ペットとの暮らし

「俺の畑」「俺の茄子」・・・

ちまたでは「俺のイタリアン」やら「俺のフレンチ」やらいう、立ち飲み立ち食いスタイルのおしゃれな「俺の」シリーズが流行っているんだそうである。
そんな「俺の」シリーズには行ったことのない私だが、最近 気づけば 私の庭の畑のことを 「俺の畑」とか夫が言うようになり、私が植えた茄子のことを 「俺の茄子」などと言い始めた・・・。む・・・。

少し前に5日ほど大阪の実家へ一人で行くことになった折、日頃から 草花に一切興味を示さない夫に 畑の水やりをお願いした。「サツマイモは植えたばっかりだから 必ず。あとは 出来ればでいいけど、サトイモと茄子は多めにたっぷり。」と、あまり無理でない範囲で頼んだわけだが、夫は そのお願いをちゃんと守って、そして、大好物の茄子には 特に丁寧に水をやってくれていた、らしい。

「水やるとさ、面白いくらい大きくなるんだな!」っとは 私が帰宅後の 夫の言葉。
そうだよ、水やったら やっただけ 大きくなるし、「鉢植えにもやってね」の一言を忘れたおかげで 鉢植えたちは見事にボロボロになっちゃったよ。・・・む。

そんなわけで、「俺の茄子」。
c0055904_15215814.jpg
あ、でも、夫が水やりして大きくなった茄子は もうとっくに食べちゃって、今 なってるのは 「私の茄子」、だけどね。・・・まあ、「俺の茄子」ってことにしといてあげよう。
[PR]
# by hatake-garden | 2013-07-25 15:25 | 畑の出来事