香港旅行(4日目・2)・・・いろんな香港

ディズニーランドへ行くことになった娘たちと尖東(チムトン)駅で別れ、大人は徒歩で尖沙咀(チムサーチョイ)駅まで戻り、地下鉄で佐敦(ジョーダン)駅へ。今までは最新のショッピングモールにたくさん行ったが、今日は創業47年の100%香港のプライベートビジネスの中華百貨店『裕華國貨』の本店へ お茶を買いに行くのである。実はホテルのそばにもその支店があるとのことだったので そこでお茶を買おうと思っていたのだが、おしゃれな『エスプリ』になってしまっていた。なので、その3倍の売り場面積という噂の本店へ行くことにしたのである。
佐敦(ジョーダン)駅から地上に出ると すぐに『裕華國貨』の本店があった。
c0055904_11192557.jpg
ずいぶん古いデパートで、店内はあちこちが改修中だった。まずは4階奥のトイレへ。そこも相当古い。満室なので 待っていると、個室のドアが開いて 中国本土の観光客らしきおばさんが、「よっこらしょ!」っという感じで下りてきた・・・。出てきたのではなく「下りてきた」。つまり 洋式便座の上から下りてきたのであった・・・。最近 箱根や日光など日本の観光地で、トイレの中に 写真やイラストで 洋式トイレの使い方が 事細かく中国語で書かれているのを何度も見てきたが、中国の人は 洋式便座の上に 土足で上がってしまうことがあるようだ・・・。
ま、なんとかトイレ問題をクリアし、五樓(4th Floor 5階)の「中国茶藝」と題した中国各地の銘茶、茶器などの展示販売へ。
広々としている五樓には、主に書道とお茶関係のものが いくつかのブースにわかれて展示販売されている。その中の一つで お茶の試飲をさせてもらった。店員さんは中国語、こちらはたどたどしい英語・・・、でも、身振り手振りでなんとか通じる・・・。普洱茶(プーアール茶)の「生」と「熟」を飲み比べさせてもらう。円盤型に固まっている茶葉を削って、蓋椀に入れ、お湯を注いだら そのお湯は捨てる。で、次にお湯を入れたら それが一煎目。濃さが均一になるように茶海に全部注ぎだして、それを小さな茶杯に注ぎ分ける。それを 二煎目、三煎目といれていくのである。「生」はグリーンティ的なもので、「熟」は発酵したもの、みたいなことを一生懸命説明してくれた。・・・たぶん そんな感じ・・・。
美味しいお茶をいただいたら、隣のブースへ。そこで、またしても 中国語の店員さんと 身振り手振りの会話。「お茶の道具を持っていない」と伝えると、店員さんがいくつか見せたのち、「そうだ!」という感じで持ってきたのは 小さなポーチに入った可愛らしい「旅行用茶器」。それに、別売の金属製茶こしがあれば大丈夫、とのことなので、大喜びで1セット購入。HK$150。金属製茶こしはHK$10。しばらく迷って、姉にも違う柄のを買うことにした。たぶん露店で買ったら もっと安いんだろうけど、この場所で こうやって買うことが いい思い出なのだ。
c0055904_11195344.jpg

最初のお店に戻ったら、常連のお客さんが試飲中。さっき飲ませてもらったのより 古いお茶だとのことで、飲み比べたら、色は濃いのに 苦くなくてまろやか、さっきのも美味しいけど、これはもっと美味しい。
c0055904_1255949.jpg
同じ普洱茶(プーアール茶)でもこんなに違うのね! さっきのより 「古くて 大きな木からなんだよ、10年ものだよ」みたいなことを 一生懸命説明してくれる。結局、さっき試飲した「生」と「熟」、今飲んだ古い「熟」を1つずつ買うことにした。最初の2つが 1つHK$100、古いのがHK$160。
エスカレーターで下りながら、宝石、食器や壺、食品なども見る。宝石は 翡翠や琥珀など、ゼロがたくさん!

荷物が重くなったので、九龍公園を通って
c0055904_11215530.jpg
ホテルに戻り、近所のローカルな食堂へ。夫は平麺、私は水餃子入り米麺。ローカルなお店のメニューは どこも中国語。漢字はなんとなく読めるので、写真と漢字を合わせて メニューを推測する。漢字がわかる、というのは 香港では有益で、一昨日の『翠園』でも 料理が届いてないことを、夫が紙に「不着」と書いたらわかってもらえた。

食後は、徒歩で『チャーリーブラウンカフェ』へ。
c0055904_11245817.jpg

c0055904_11253066.jpg
小学生の頃、はじめて『ピーナッツ』のマンガを読んでから、ずっとファンなのだが、香港にもファンの方々はたくさんいるようで、思った以上に広い店内にはたくさんのお客さん。スヌーピーのTシャツ着た男の人、女子会、おばさんグループ、常連客らしいおじさん、中国本土の観光客、日本人の女の子2人組などなど。店内のあちこちにあるディスプレイの写真を熱心に撮っている。
夫は 泡のところにルーシーの顔が描いてあるカプチーノHK$33と スヌーピーの顔の形したバナナコーヒームースHK$45、私はジャスミンティHK$30と チャーリーブラウンの顔の形したチョコムースHK$45。
c0055904_1127548.jpg
フリーのWi-Fiがあるのを知らなかったら、夫のタブレット端末に気づいた店員さんが ログインコードのメモをくれた。

カフェのあとは、尖沙咀(チムサーチョイ)駅から地下鉄で中環(セントラル)駅へ。そこから徒歩で香港(ヒョンゴン)駅。そこに直結している『IFC MALL』に17時から18時の間、ということで娘たちと待ち合わせていた。
c0055904_1552040.jpg

『IFC』はInternational Finance Centre の頭文字をとった略称で、広東語では『国際金融中心』。その名の通り、銀行や証券会社など金融関係の会社が入ったオフィスビル。一期(One ifc)と二期(Two ifc)が隣接して建っていて、88階建てのTwo ifcは地上420m、香港で最も高いビルだ。その2つのビルを結ぶようにできたのがショッピングモール『IFC MALL』だ。
待ち合わせの時間まで間があったので、ルーフテラスへ出てみたら、突然雨が降り出し、そして虹が出た!
c0055904_1312236.jpg
オフィスビルの方へ移動し、スターバックスコーヒーで一休み。夫は抹茶ラテ、私はアイスチョコレート。果たして娘たちは無事に来るだろうか。いざとなれば ホテルの住所書いた紙もカードキーもそれぞれが持っているから ホテルには戻れるだろう・・・と、ドキドキしながら待つ。夫は 飛行機で買ったSIMカードから スターバックスのフリーWi-Fiにつなぎかえてネット。このスターバックスでは、30分だけWi-Fiにつなげるサービスになっていて、レシートに そのことと ログインコードが書いてある。
時間になったので、娘2が見たがっていたお店の前に私だけ移動して待つ。来ない。・・・来ない・・・。だんだん心配になっていたら、夫もやってきて 二人で待つ・・・。時間がだいぶ過ぎたところでやっとやっと娘2から電話。『IFC MALL』の『Apple Store』でWi-Fiにつないで LINE電話をしてきたのだ。待ってる場所を伝えて 無事合流。が、なんと、来たのは娘2だけで、ディズニーランドで娘1とは別れたんだそうな・・・。ホッとしたのもつかの間、いっそう心配になる。・・・しばらくして、やっと娘1からもLINE電話がきて、全員がそろった! 
そもそも 香港2日目にスターフェリーで香港島へ来た折、中環(セントラル)駅に歩く途中でこの『IFC MALL』を見ていたので、今日はそこで待ち合わせにしたのだ。が、実際にはこの『IFC MALL』は中環(セントラル)駅から歩くのではなく、香港(ヒョンゴン)駅の真上にあるのだった。だからディズニーランドから来るには、中環(セントラル)駅まで行って歩くのではなく、一つ手前の香港(ヒョンゴン)駅で降りればよかったのだ。それを娘は二人ともわからず 遠回りしてたどりついたのだった。無事 来られてよかったよ・・・。娘1も、結局 『Apple Store』でWi-Fiにつないで LINE電話をしてきたのだった。二人とも知恵があってよかったよ・・・。
ルーフテラスで夜景を見て一休み。
c0055904_1554144.jpg

初日の夜にシンフォニー・オブ・ライツを見ていた方を、今度はこっち側から見ている。
c0055904_1555332.jpg

細長いビルに泳ぐ人のアニメーション。ビルの上から下、下から上へ泳いでる。
c0055904_156451.jpg

『IFC MALL』内の『シティスーパー』でチーズやビール、お菓子などを買い、地下鉄でホテルへ。
夕食はすぐそばの香港レストラン。以前より 何度も前を通っていて、3軒並んでいるうちの いけすがないお店がリーズナブルではないかと入ったら・・・、3軒は中でつながっている大きな1軒のお店だった・・・。豚肉を皮ごと焼いたもの、鳥の甘酢からあげ、平麺焼き、青菜、ビール、ジャスミン茶。
c0055904_15191277.jpg

お料理はとても美味しくて 大満足だったものの、午前中の父子喧嘩が響いて結局夜までギスギスだった・・・。18993歩。

以下は 娘が行ったディズニーランドの写真。日本より小さい香港のディズニーランドは、日本ではありえないほどガラガラで、何でも乗り放題だったそうである。喧嘩はしたけど、楽しめたようであった・・・。
c0055904_15215066.jpg

c0055904_1522266.jpg

c0055904_15221478.jpg

・・・ほんとだ。ガラガラだ!
[PR]
# by hatake-garden | 2014-10-23 11:09 | 旅先のこと

香港旅行(4日目・1)・・・竹だらけの香港!

9月17日(水)、香港4日目の朝は7時起床。9時半すぎにホテルを出て、朝ご飯はローカルファーストフード店。大人はお粥、子どもはパンとタマゴのセット。これまでもそうだったが、ローカルな小売店では英語がほとんど通じないので、基本的には指さして注文する作戦だ。
食後、徒歩で『1881ヘリテージ』へ。1881年から建設が始まった、香港の歴史的価値のある建築物をそのまま利用した『1881ヘリテージ』は、ホテル、高級ブティック、レストランの入った施設として2009年にオープン。全室スウィートルームという5つ星の高級ホテルと、貴金属やアクセサリー、ブランド店などがある。我が家は歴史的建造物、の部分を見物。
シンガポールの『ラッフルズホテル』の白亜と同じような美しさ。
c0055904_2055482.jpg

ホテルの窓は木製。
c0055904_20644100.jpg

広場と、その向こうにレンガ造りの旧九龍消防局&寄宿舎。
c0055904_207372.jpg

広場には香港2日目の朝に、通りがかりに見かけたシェイクスピアのオブジェ。
c0055904_2072495.jpg

建物を見上げると、左上の方を工事している。
c0055904_2074160.jpg

香港に来て、初日にびっくりしたのが、この、建物工事の足場が竹だということ。香港は 工事ブームなのかと思うくらい、あちこちで足場を組んだ工事をしているのだが、それがすべて竹の足場なのである。
c0055904_208998.jpg

2日目に行った上環(ションワン)あたりで撮った写真も竹の足場。
c0055904_209744.jpg

道路には 足場用の竹が山積みされていた。
c0055904_2092475.jpg

もちろん、その日に見た香港最古の道教寺院『文武廟』の工事もそうだったのだが、今日見たのはビル全体を覆う竹の足場。
c0055904_2094062.jpg
これよりもっともっと背の高い高層ビルも竹の足場なのである。すごいね。竹は丈夫なんだね。

竹の足場を愛でつつ、海岸へ。初日にシンフォニー・オブ・ライツを観たビクトリアハーバーの尖沙咀側には尖沙咀プロムナードという海浜公園があり、その遊歩道には香港映画界のスターたちの手形が埋め込まれている。そのあたりのことを『星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)』というんだそうである。
c0055904_20273020.jpg
あのブルース・リーのブロンズ像もある。この日は中国本土からの観光客大勢と、白人系の観客少々、日本人は見あたらなかった。
お土産店を覗いたり、写真を撮ったりしながら 地下鉄尖東(チムトン)駅まで歩く。

尖東(チムトン)駅で、大人と娘たちが二手に分かれて別行動しようということになったのだが、娘たちの行先などで 夫と娘が喧嘩・・・。みんな少々疲れが出ているのだろう・・・。地下道でしばらく険悪なムードになってしまったが、何とかおさめて 娘たちは 夫の意向を酌んでディズニーランドへ・・・。
娘たちは ローカルな旅をしたかったんだけど、下調べが足りないまま 通信手段もなく 行こうとしたことに 夫が腹を立てたのだ。どっちの言い分もわかるけど・・・、やっぱり下調べが足りなさすぎだったね・・・。

大人組は地下鉄でデパートへ向かう。
[PR]
# by hatake-garden | 2014-10-22 20:34 | 旅先のこと

香港旅行(3日目)・・・台風、シグナル8

9月16日(火)、香港3日目の朝はゆっくり起床。テレビをつけると やっぱり台風のレベルはシグナル8だったので、しばらくホテルで様子を見ることにした。友人も 会社はとりあえず休みで自宅待機になっているとのこと。
9時頃、風は強いものの雨は小降りになりつつあったので、徒歩で1本裏の通りにある料理店『糖朝(とうちょう)』へ。ここは日本人に大人気だそうで、日本にもお店があるそうだ。娘2は海老ワンタン麺、娘1は貝柱粥、夫はピータン粥、私は具だくさん粥。
c0055904_2053651.jpg
具だくさん粥は 海老やいか、ナッツに野菜などなどほんとに具がいっぱい、お米もトロトロでとても美味しく、体にもやさしかった! お茶とデザートのマンゴークレープまで食べて、HK$263。お客さんは日本人少々と、アジア系の人。食後、並びにある小さめの『マーケットプレイス』でお菓子など買い、ホテルに戻って またお茶。

10時に台風のレベルがシグナル3に下がったので、昨日も行った『海港城(ハーバーシティ)』へ徒歩で。台風のせいでたくさんのお店がまだ開いておらず、そのうちどんどん人が流れ込み、遅ればせの出勤ラッシュとなった。娘たちと別れて自由行動。大人は日本のジブリショップなど覗く。娘たちはファッション系のお店を回ったらしい。
お昼に本屋前に集合し、外に出て『翠園』で昼食。夫が友人からおすすめされた中華料理店で、「あわびのチャーハンをぜひ食べて」とのアドバイスに従って、あわびのチャーハンHK$108、腸粉などなど。
c0055904_2061114.jpg

c0055904_206357.jpg
ビル入口には目立った看板がなく、恐る恐るエレベーターに乗ったら、着いたお店は広々していて、テーブルも大きくて、ゆったりしたいいお店だった。日本人観光客はこの時期はほとんどいないようで、多くが地元のお客さんのようだった。あわびのチャーハンは おすすめされただけあって、やっぱりとっても美味しかった!

食後 ふたたび『海港城(ハーバーシティ)』へ。台風は去りつつあるようだ。
c0055904_2094119.jpg
夫は上着を取りにホテルに戻ることに・・・。香港は この時期 かなり暑いのだが、建物の中は冷房が効きすぎるくらいで、だから上着は必需品なのだ。女の子組は自由行動、娘1は外へ、娘2はシティ内の下着や洋服のお店。方向音痴の私は、待ち合わせ場所のエントランスでとてつもなく広い『海港城(ハーバーシティ)』の案内図をもらい、案内のおじさんに「ここは地図上ではどこですか?」的なことを「「Where here?」という変てこな英語で聞くと、おじさんは満面の笑みでちゃんと地図上で教えてくれた。へへへ・・・。自分のいるところがわかったら、地図を片手におもちゃ屋と、子ども専門の本屋、ゲームセンターを探検。おもちゃと本は欧米のもの中心で、特に子ども専門の本屋は雰囲気がよく、「こんなところで働きたいな~」っとうっとりしてしまった。ま、いつからこの商品はここにあるんだろう、という感じでもあったけどね、若い男の子がひとりで店番をしていたのが また 何とも よかった。ゲームセンターは日本のゲームセンターとほとんど同じ。機械も景品も日本のものだ。
c0055904_85133100.jpg

日本では、家族全員が携帯電話かスマートホンを持っているので待ち合わせの時にドキドキすることもなくなったが、香港では、常にネットにつながっているのは 飛行機で買ったSIMカードが入っている夫のタブレットだけで、それも通話はLINE電話ならできるという状態、娘たちのスマートホンはフリーWi-Fiがあるところだけでつなげられる状態、私のパカパカ携帯電話はネットにはつながらなくて いざという時の通話に使えるだけの状態、ということで、ちゃんと4人が巡り合えるのかが とても心配になるのであった。ま、各自、お財布にホテルの住所を書いた紙とカードキーを持っているので、どうしようもなかったら ホテルには帰れるだろうけどね・・・。
ずいぶんの時間差で どうにか待ち合わせ場所に集合することができ、フードコートに移動しておやつ。女の子組はバナナのクレープ、夫はマンゴープリン。

フードコートで解散し、自由行動。大人は『シティスーパー』で発酵バターなど買ってホテルに戻り休憩。
19時頃に娘たちも帰ってきたので、地下鉄で旺角(モンコック)駅へ。徒歩で女人街にむかう。
c0055904_950310.jpg

女人街はトンチョイストリートにある香港でもっとも有名な露店街で、14時ころから23時頃までにぎわうそうで、雑貨好きな我が家はワクワクしていた。
c0055904_9504132.jpg
・・・のだが、台風が行ったにもかかわらず、旺角(モンコック)駅を出るころに とんでもない豪雨になってしまい、傘をさしても歩けない状態で、しばらく雨宿り。その上 道にも迷ってしまい、グルグル回って やっとたどりついた。が、豪雨が続き、露店のあちこちはビニールがかかっているし、細い道を傘をさして歩くだけで精一杯、油断していると、応急処置で張られた雨除けのシートに溜まった大量の雨水が一気に落ちてくる始末・・・。私だけ、そんな目に合い、右半身がびちょびちょに・・・。来る時の飛行機では左半身が濡れたっけね・・・。傘にしがみついて雰囲気を観察するしかなかった・・・。残念無念・・・。ま、迷ったおかげで 怪しげな路地裏や、ミニバスがいっぱい停まって大勢の人を乗せてる場所とか、香港の普通の風景を見ることができたけどね・・・。
c0055904_9505752.jpg
長く続く女人街を地下鉄油麻地(ヤウマテイ)駅まで歩き、地下鉄で尖沙咀(チムサーチョイ)駅、おなじみになってきた『K11』の『マーケットプレイス』でお土産のお菓子やお茶など購入して、ホテルへ。夕飯は、大人はホテルの角の持ち帰りのローカルフードの弁当屋で夫はパイコー飯、
c0055904_1015486.jpg
私はシンガポールフライドヌードル、
c0055904_10151661.jpg
娘たちはホテルの隣のケバブ屋で娘1はラップサンド、
c0055904_10153570.jpg
娘2はケバブライスを
c0055904_10155643.jpg
テイクアウトし、部屋で食べる。

昨夜からの台風と夕方からの豪雨で天候は荒れ放題だったが、充実した1日だった。22277歩。
[PR]
# by hatake-garden | 2014-10-21 19:54 | 旅先のこと

香港旅行(2日目・2)・・・美味しいがいっぱい!

香港は面積1104㎢で、東京都の約半分の広さである。トラム(路面電車)と地下鉄を使えれば、狭い香港を 自由に楽しめる、とのことで、ワクワクしながら はじめての2階建てトラムに乗車。乗り物に酔いやすいのだが・・・、ここはやっぱり2階の座席へ。
c0055904_15553293.jpg

見晴らしがいい。
c0055904_1540157.jpg

このトラムは後ろから乗車、前から降りるときにオクトパスカードをタッチ、である。オクトパスカードのおかげで乗り物に乗るのが苦にならない。

地下鉄金鐘(アドミラルティ)駅でトラムを降り、地下鉄に乗って銅鑼湾(コーズウェイベイ)駅。高級ショッピングモールのリーガーデン系列のモール、『ハイサンプレイス』へ。
『ハイサンプレイス』をはじめとする香港のショッピングモールは、日本のモールと同じで、ファッションのお店、雑貨や本のお店、飲食店、スーパーマーケットなどがあり、トイレもきれいで使いやすい。たくさんの飲食店の中から『何洪記(ホー・ホン・ゲイ)』というお店へ。このお店は香港では有名かつ大人気の老舗、創業1947年の粥麺専家の支店だそうで、確かに ここで食べた海老ワンタン麺が 香港でその後何度も食べた海老ワンタン麺の中で一番おいしかった。青菜のオイスターソース添え、蒸し餃子、どれもとっても美味しい!
c0055904_13475046.jpg

c0055904_13475931.jpg
軽めに食べて 4人でHK$177.1。
スーパーマーケット『Jasons』でバター、チーズ、お菓子など購入。

地下鉄で銅鑼湾(コーズウェイベイ)駅から金鐘(アドミラルティ)駅、帰りはスターフェリーではなく、そこで違う地下鉄に乗り換えて尖沙咀(チムサーチョイ)駅。初日の夜にも行ったショッピングモール『K11』へ。この『K11』は他のショッピングモールとは一味違った、香港初の『ショッピングモール美術館』として、独自のスタンスで展開しているそうで、季節ごとの多彩なイベントも、海外やローカルのアーティストとのコラボレーションを中心に行っているそうである。
夫と娘1と私は『PAUL LAFAYET』でティラミス(1つHK$45)、娘2はシンガポール発、アジア圏で大人気のチョコレート専門店『Awfully Chocolate』でチョコレートの塊のようなケーキ(HK$60)。

一度ホテルに戻り 一休みしてから、台風の影響で大雨、強風になってきている中 徒歩で『海港城(ハーバーシティ)』へ。
この『海港城(ハーバーシティ)』は 香港最大のショッピングモールで、九龍(カオルーン)の尖沙咀(チムサーチョイ)の西にある広東道沿いにずっと続いていて、3軒のホテル、4軒のオフィスビルとも直結した巨大なモールである。
『廣東茶房』で焼売、肉まん、チャーハン、海老ワンタン麺、茹で青菜など、
c0055904_1423175.jpg
c0055904_142376.jpg
家族4人でお腹いっぱい食べてHK$420。とっても美味しかった!
『シティスーパー』や本屋、かばん屋など見てホテルへ。
c0055904_22283672.jpg

ホテルに帰ると、初日にいっしょに食事をした友人からラインが入り、台風の情報をもらう。香港では台風を5段階のレベルで表すようになっていて、

 ●シグナル1:警戒準備段階
 ●シグナル3:強風警告段階 幼稚園が休園、マカオなどへの船便が欠航
 ●シグナル8:暴風シグナル 学校、商店、オフィスなどがクローズ、公共交通機関ストップ
 ●シグナル9〜10:香港中心部を直撃し被害が大きくなると予想される場合に発令

なんだそうである。で、昨日友人と食事をした時がシグナル1、今日の夕食に出かける時がシグナル3、今日の22時過ぎにはシグナル8が出るとのこと。シグナル8では公共交通機関が止まるので十分気をつけるように、とのことであった。
テレビのニュースや天気予報で台風情報を知るほかに、いろいろなお店にも入口のところに看板を出しているので 台風のシグナルを知ることができるんだそうである。確かに あちこちに看板が出ていた。こういうことを現地に住んでいる人に きちんと教えてもらえることは とてもありがたかった。
それからもう一つ、友人から教えてもらった「香港は歩行者より車が優先」というのも、とっても役に立った。「だから、車は強気で突っ込んでくるから、日本のように、渡りはじめれば止まってくれる、なんて思ったら危ないよ。交通事故には特に気をつけて!」と言われたとおり、ほんとに車は突っ込むように走ってくる。人が渡っていてもクラクション鳴らしながら突っ込んでくる。だから、道路にも「右を見ろ!」とか「左を見ろ!」とか大きく英語で書いてある。それでも事故は多いようで、今日 『文武廟(ウンウーミャオ)』に行った折にも、お寺のそばで老人がタクシーにぶつかって 救急車が来ていた・・・。

台風を心配しつつ、シャワーを浴びて就寝。21867歩、」よく歩いた!
[PR]
# by hatake-garden | 2014-10-21 12:59 | 旅先のこと

香港旅行(2日目・1)・・・船!地下鉄!トラムでGO!

9月15日(月)香港2日目の朝は5時に目覚めた。日本時間の6時、いつも起きている時間だ。体は正直である・・・。7時までベッドでだらだら。別室の娘たちが起きてくるのを待ちながら、前夜買ったヨーグルトを食べる。香港のスーパーマーケットの売り場にはおなじみの日本製品がたくさんある。日本のパッケージそのまんまのものもあれば、デザインの雰囲気は変わらず文字が中国語になっているものも多い。新しいショッピングモールに入っている高級系のスーパーになると日本製品だらけであり、日本と同じ生活が簡単に出来ることは容易に想像がつく。

朝食は近所のローカルファーストフード店へ。娘1は卵サンド、他の3人は香港名物のパイナップルパンとウィンナー、目玉焼きのセット。
c0055904_10112317.jpg

c0055904_10114067.jpg
パイナップルパンは、パンの上にクッキー生地が乗っかっている甘いパンで、中ほどの切れ目に厚ぼったいバターがはさんである。バター入りのメロンパン、みたいなものである。4人それぞれがコーヒーや紅茶を頼んだのだが、コーヒーにも紅茶にも牛乳がたっぷり入っていて、その牛乳が日本の牛乳とは違う味で・・・、独特の匂いというか風味というか・・・今までにない味であった。しいて言うなら・・・昔給食に出てた脱脂粉乳に少し似ているような・・・。香港では コーヒーと紅茶とミルクを混ぜた鴛鴦茶(ユンヨンチャ)というものもあるんだそうで、それも飲んでみたかった。・・・ま、牛乳があれだから、味もあれなんだろな・・・。へへへ。

食後、セブンイレブンでオクトパスカードにHK$50ずつチャージ。徒歩でスターフェリー乗り場、対岸の香港島へ。
c0055904_10121416.jpg

我が家の女の子組は乗り物酔いする方なので、出港ギリギリで乗船した。・・・とまっている船ほどよく揺れて、走り出せばマシなのである。でも、目の前の香港島へ渡るだけなので、最速になったと思ったら もう到着、結局酔う暇もなかった。

スターフェリーが着いたのは、地下鉄の香港(ヒョンゴン)駅のすぐそば、そこから徒歩で中環(セントラル)駅まで移動。地下鉄で1つ隣りの上環(ションワン)駅へ。
香港は狭いので ビルが多い。新旧入り乱れてビルがたくさん建っている。
c0055904_10172183.jpg
そのビルだらけの街のあちこちで見かけた不思議な木。たくさんの根っこがむき出しになっている。細葉榕(ガジュマル)という木だそうで、むき出しになってるのは気根なんだそうである。気根をたくさん伸ばしながら すごく大きくなっている木は 恐ろしいくらいの迫力があった。
c0055904_10135068.jpg

ハリウッドロードのそばの 階段の途中に、雑誌に載っていた中国茶のお店『樂茶軒』があった。ステキな茶器やお茶が、小さなお店の中に センス良く並べられていて、どれもこれも欲しくなる。その中から手描きの唐子文様の小さな茶杯(HK$60)と、金魚文様の中ぐらいの茶杯(HK$80)、小さな円盤型に固めた茶葉(HK$70)を買う。自宅に中国茶用の茶壷をひとつだけ持っているので、帰ったらあれで美味しいお茶をいれよう。
今回の旅の目的の一つであった「中国茶関係のお気に入りを見つける」を無事にクリアし、次はハリウッドロード沿いの『文武廟(ウンウーミャオ)』。
c0055904_10261458.jpg
『文武廟』は、1847年に創設された香港最古の道教寺院で、文学と武道の神様を中心に、いろいろな神様が祀られている。
c0055904_10282073.jpg

残念ながら工事中のため外観が覆われていたが、中に入ると 天井から円錐形の渦巻き線香がたくさんぶら下がっている珍しい様子を見ることができた。お参りのしかたもわからないので、静かに見学させていただく。

古いお寺のあとは、現代のアート発信基地『PMQ』へ。
c0055904_10292922.jpg
『PMQ』とは、1950年代から使われていた警察官宿舎を全面的にリノベーションして、香港クリエイターのショップやギャラリーを100以上設置したアート交流と発信のための複合施設で、今年の6月にオープンしたばかりだ。洋服やバッグ、靴、雑貨、お菓子、パン、日本のABCクッキングスタジオなどなど、小さなお店が、昔の学校の鉄筋校舎みたいな空間にズラーっと並んでいて、それを覗いていくのは ちょっとした宝探しのようである。・・・が、この日はとにかく暑くて、小さな店を覗いて歩く廊下が、テラスのようにむき出しになっているため、すこぶる暑い・・・。階段を使って上へ下へと行くうちに どんどんヘロヘロになっていく・・・。
『showcase by bread n butter』で一休み。夫はペリエ(HK$28)、娘1はコークゼロ(HK$18)、娘2と私はアイスチョコレート(HK$34)。店内には無料Wi-Fiあり。
『PMQ』をあとにして、また暑い街を歩く。
c0055904_1042209.jpg
これは『PMQ』にも出店していた『Chocolate Rain』という香港生まれの人気キャラクター。
骨董街を通って、大通りに出て、2階建てトラム(路面電車)の乗り場へ。
c0055904_15544481.jpg

船、地下鉄、の次はトラムに乗車だ。
[PR]
# by hatake-garden | 2014-10-16 22:30 | 旅先のこと