カテゴリ:畑を彩る花たち( 60 )

茶碗蓮

畑の庭の片隅の睡蓮鉢に 『茶碗蓮』

ある日 気づくと かわいいつぼみ
砂糖菓子みたいな かわいいつぼみ
c0055904_1051149.jpg

ふわっと咲いたら あたりがほわんと明るくなった
c0055904_10551550.jpg

茶碗蓮の花は それから
朝になると開いて虫たちを呼び
夕方になると閉じて店じまい 
を何度も繰り返し
c0055904_1153553.jpg

今は タネになろうとしているよ
c0055904_1056193.jpg

[PR]
by hatake-garden | 2013-08-11 11:08 | 畑を彩る花たち

一気に春が

黄砂とピーエムなんとかと花粉とともに 一気に春がやってきたようである・・・。

食べようか、咲いてもらおうか、と 悩んでいた小松菜の菜の花も咲き、
c0055904_9414017.jpg
一部は お腹の中へ。
c0055904_942913.jpg

例年、クロッカスは黄色いのが咲いてから 紫が咲くのに、今年は同時。
c0055904_9431962.jpg

c0055904_9433321.jpg
というか、むしろ、紫が先で 黄色が遅れている。
c0055904_943468.jpg
こんなことは 記憶の中では はじめてよ・・・。

ミニスイセンも一気に咲いて、
c0055904_9462280.jpg
オキザリスも咲いて、
c0055904_9475530.jpg
小さな畑の庭は 黄色がいっぱい。

そして、小松菜にはデート中のモンシロチョウ、
c0055904_9485771.jpg
コンクリートの縁石には日向ぼっこ中のトカゲ。
c0055904_9493679.jpg
春が一気に押し寄せて、畑の庭にお日様が溢れて、
寒い冬があっという間に駆け抜けたような感じがするよ。
[PR]
by hatake-garden | 2013-03-12 09:57 | 畑を彩る花たち

いつもの面々

2月はいろいろあって、ふと気づけば3月・・・。

畑の庭にも この時期の常連さんたち。
c0055904_22393124.jpg
花にら。まだ1つだけ。
c0055904_2240369.jpg
細々と ずっといてくれてるスィートアリッサム。大好きな花。
c0055904_22411056.jpg
鉢植えのアルプス乙女の足元のかわいい雑草。何年も前に 畑の庭に1本だけ生えた雑草が、今は畑の庭中、そして どの植木鉢にもいるよ。でも、かわいいばっかりだ。
c0055904_22441448.jpg
オオイヌノフグリは今日は曇りのせいか 半開き。あっちのも こっちのも半開き。
c0055904_2246495.jpg
小松菜には菜の花が出来てきて、毎朝のジュースの他に これも食べちゃおうか。いやいやそれともやっぱり 黄色い花を愛でようか。
c0055904_22482776.jpg
何年物のチューリップたちは元気にニョキニョキ。今年はいくつ咲いてくれる?
c0055904_22493243.jpg
そして、もう咲いてくれるの?とびっくりの スナップエンドウ。

いつもの面々に再会した3月3日。
寒いけど 春を感じた一日。
[PR]
by hatake-garden | 2013-03-03 22:57 | 畑を彩る花たち

サンチュの花

焼肉でおなじみのサンチュ。
畑の庭に植えておいたら、トウがたって、花が咲いた。
c0055904_11523951.jpg
サンチュって こんな花だったんだ。

花まで伸びる茎には、鎌みたいな葉っぱが並んでる。
c0055904_1153593.jpg
焼肉の時に食べる葉っぱは、下の方で縮れてるけど、長く伸びた茎についてる葉っぱは クルンとしてて スベスベ。おもしろいね。

寒くなって、畑の庭には、蚊がいなくなったけど、オンブバッタも黒いイモムシも まだいっぱいいるよ。でも、サンチュにはアブラムシしかつかないよ。
[PR]
by hatake-garden | 2012-11-25 12:01 | 畑を彩る花たち

「謎の草」の今・・・

梅雨入りした頃に 大きくなってきて目立ち始めた「謎の草」
位置が違うけど、ずっと前に植えたエキナセアが生き残っていたのかな、と思いつつも、最初は茎も葉っぱも柔らかそうだったから やっぱりエキナセアではないな、と思っていた。ら、その後 グングン大きくなって、茎も葉っぱもしっかりしてきて、だから「こりゃあ やっぱり あたしがずっと前に植えたエキナセアが生き残っていたのね。で、忘れちゃったけど、自分で 少し場所をかえて植えなおしたのね」っと思った。
・・・ら、
梅雨明けとともに つぼみがついたんだけど、
そしてそれは、エキナセアのつぼみに とってもよく似ていたんだけど、
そして、1番花は 最初から花びらが欠けてたんだけど・・・、
c0055904_1317283.jpg
こりゃあ どう見たって 黄色いお花。
よく見れば これから咲くであろう開きかけのも黄色・・・。
c0055904_13175498.jpg

これは 私が前植えたエキナセアではないよ・・・。だって、私が植えたのはピンクっぽい紫の花なんだもん・・・。

いったいどこから どうやって 私の小さな庭にやってきたのか、この「謎の草」は。
つぼみは すっごくたくさんあって、
植えてもないのに こんなに立派になってくれて、
とっても嬉しいし、これから先がとっても楽しみなんだけど・・・、
自分で植えたり蒔いたりしたものたちよりも 立派に育ってくれたことに なんだか少しだけ・・・複雑な気分・・・。
c0055904_1325691.jpg
エキナセアっぽい 花弁が8枚のこの「謎の草」は、結局 謎のままだけど、満開になるのが楽しみである。
[PR]
by hatake-garden | 2012-07-24 13:30 | 畑を彩る花たち

小さな畑の庭で咲いてる花たち

8畳ほどの小さな畑の庭。
c0055904_10455325.jpg
少し前より 全体にちょっと黄色っぽいのは ソラマメやらスナック(プ)エンドウやらの足元の春菊が 背高のっぽになって 黄色い花をたくさん咲かせているからだ。
そんな春菊の他にも そこここで いろんな花が咲いていて、ちょっとにぎやか。
c0055904_1048320.jpg
ハーブの寄せ植えの所のチャービルは 小さな白い花。アリンコや小さな甲虫など 小さな花に合わせたように 小さな小さな虫たちが 朝もはよから活動してる。
紫のアヤメっぽいのは 娘2がずっと前に斜め向かいのお宅からもらってきたもの。すごく広がると聞いたので 鉢植えにしてたけど、去年 とうとう地面におろした。雨不足の異常気象で いろんなものの調子が悪くなったから いろんなものを地面におろしたんだけど、やっぱり地植えの方が元気でいいね。
にぎやかな色柄のビオラは これまた背高のっぽになって 花もこぶりになったけど、数はたくさん。オレンジ色の蝶々ツマグロヒョウモンの幼虫にかじられ中・・・。
ミルキーホワイトのバラ、アイスバーグも鉢植えだったのを 去年地面におろした。
c0055904_1123352.jpg
紫のミヤコワスレも斜め向かいのお宅からいただいた。毎年長くよく咲いてくれる。
白いミニバラは 2000年の春にオープンしたショッピングモールの開店記念セールで100円か150円だったもの。細かな名前がわからないのだが、ブルーベリーの足元に植えたら、今では モジャモジャに大きくなって 一年中よく咲く。真冬の花は ちょっとピンクっぽくなる。
鉢植えのバレンシア・リトル・レモンは 去年 悩んで まだ鉢植えのまま。ほんとは地植えにしてあげたいけど・・・、木は 場所をかえられないからね・・・そこがつらいところ。ごめんね・・・。小さいアリンコが活動中。
ブラックベリーは そろそろ花も終わり、緑の実ができはじめてる。すっごく丈夫で、丈夫すぎて広がりすぎて友人宅から里子に出され、そこから また株分けされて うちにきた。うちでも もう何年も 少々持て余し気味だったけど、去年の雨不足で かなり勢力を弱めている・・・。そうなると それはそれで心配・・・。
c0055904_11133399.jpg
玄関アプローチのラベンダーは、これまた丈夫で 一年中ずっと咲いている。この前 牛乳の勧誘のおじさんにすっごく褒められた。「絶対とれないから」っと断ったのに 「いいから、飲んで!」って 試供品のいろんな味の牛乳をもらっちゃったよ。すいません。空きビン渡す時も ラベンダーをまた褒めてくれた。ありがとございます。
大好きなスィートアリッサムもドクダミに混じって咲いている。かわいくて大好きなんだけど、そろそろ黒いイモムシにやられる予定・・・。毎年のこと。
まだ植えつけてないミニトマトのアイコ。今年も赤2、黄色1の3アイコの苗を用意してるんだけど、ソラマメとスナック(プ)エンドウがまだいるので 待機中なんだな・・・。
春菊は お花畑風になってる。・・・せま~いけどね・・・。

畑の畝じゃない所は シロツメクサ。
c0055904_11234920.jpg
畝じゃないところ、ってことは、通路ってことで、毎日私に踏みつけられて、そうすると 悲しいくらいにペッタンコになっちゃうんだけど、しばらくすると またモシャモシャに復活する。いつも踏んじゃって ごめんね・・・。

去年ウッドデッキを撤去して 畑の庭の縁側みたいな部分がなくなったせいか、大好きなカナヘビを見かけない・・・。その縁側の下で 毎年子どもが生まれてたんだよね・・・。環境をかえちゃって ごめんね・・・。
ニホントカゲは 今まで以上に多くて、小さい子どもがたくさんいるし、すっごくすっごく大きいのが 何匹かいるよ。
カナヘビはのんびり屋さんで 写真にも撮れたけど、ニホントカゲはすばしっこくて ローガンキョーという名のメガネをかけた モタモタのオバサンには 撮れないよ・・・。

あ、そうだ。前に残していたハルジオンも咲いているよ。
c0055904_133149.jpg
これは もう あちこちに。車庫のレンガの隙間から出てきたのも咲いてるよ。きれいだね!
[PR]
by hatake-garden | 2012-05-19 11:42 | 畑を彩る花たち

春菊の花いろいろ

今、小さな畑の庭では 春菊の花が咲いている。

こんなのや、
c0055904_9383593.jpg

こんなのや、
c0055904_939738.jpg

・・・こんなのもあった。
c0055904_9393916.jpg
ど~しちゃった?春菊・・・。
[PR]
by hatake-garden | 2012-05-17 09:41 | 畑を彩る花たち

つるバラ『スノーグース』の危機的状況・・・

我が家のウッドデッキと寄り添うようにいた つるバラ『スノーグース』。
『ジューンベリー』と並んで 我が家のシンボルだった『スノーグース』。
カマキリの子どもが生まれたりアブラムシとテントウムシの攻防戦があったり、各種芋虫や毛虫たちの食料庫だったり各種虫たちのデートを見られたりした、この小さな畑の庭のオアシス的存在だったスノーグースが、ウッドデッキを取り壊した頃から何だか元気をなくしていた。
ウッドデッキがなくなったことによって日当たりが変わったせいかな、いつものチュレンジバチのせいかな、それとも、ウッドデッキがなくなったから、枝を今までと90度違う方向に誘引しなおしたせいかな、などと思っていたのだが・・・、だいぶ前に その原因がわかった。
カミキリムシである。
カミキリムシが卵を産み付けたのである。

元気がないことを気にしながらも、「栄養不足かも・・・」と 根元に肥料などやってみたりしていたのだが、年末だっただろうか、記憶が定かではないのだが、根元の太い枝から おがくずのような粉が出ているのに気づいた。調べてみると、それはカミキリムシが卵を産み付け、その幼虫が中を食べているために生じていることらしい。そうなると、下手をすれば 大きなバラでも枯れてしまう、ということなので、大慌てで遠くの園芸店まで車を走らせ、さっそく カミキリムシ用の殺虫剤を買ってきた。そして、おがくずが出ている穴を、目を皿のようにして特定し、専用の針で 薬を中に注入した。

思い起こせば、去年の8月。ウッドデッキのあとに アルミの小さなベランダを作ってもらっている時に、カミキリムシが玄関のたたきのところを歩いていたっけ。職人さんが、「虫が苦手で、そっちっかわの作業ができない」とかなんとか言って、笑いあったっけ。「カミキリムシなんて、めったに見なくなりましたよね~」なんて 言ったけど、その時のカミキリムシが きっと卵を産んだんだ・・・。
そして、よくよく思い出したら、一昨年も、一回だけ カミキリムシに会っていた。それも玄関のそばだったよ・・・。
去年の春にウッドデッキがなくなって、スノーグースの足元らへんのモジャモジャを整理したり 引っ越しさせたら・・・、大きな穴が見つかって、「こりゃあ なんじゃろう?」などと のんきに思っていたのだが、・・・こりゃあ、すでに一昨年のカミキリムシの卵が無事に孵って すくすく成長し 巣立っていった穴であったのだ・・・。
c0055904_1472217.jpg
よりにもよって、株元の ど真ん中に・・・大穴・・・である・・・。

何とか もってくれることを願っていたのだが、去年の5月には元気だったのが、あれよあれよという間に 葉っぱをすべて落とし、あんなにたくさんあった枝が、1本をのぞいてすべて枯れてしまい、その1本を見守っていたのだが、結局は それも葉っぱを落とし、新芽も出なかった・・・。

そんなわけで、枝のすべてが枯れてしまい、ガックリ肩を落としたまま冬を越し・・・、
春になったし、そろそろ この枯れたバラを何とかせねば・・・と思いながら、昨日久しぶりに草むしりしていたら・・・、
c0055904_14112718.jpg
根元から 弱々しいながらも 新しい芽が出ているのを見つけた。
でも、これで一安心、ではない。
絶対ダメ、から、危機的状況、に 格上げされた感じである・・・。
見つけた新しい芽は、なんだか 全然頼りない様子・・・。
この新芽を見つけた昨日は、今年はじめてアブラムシを見つけた日、でもあったのだ。アブラムシがいたのは、スノーグースの目と鼻の先の ソラマメである・・・。
何とか 頑張って 育ってほしい。とりあえず、スノーグースの足元にはオルトランをまいておこう・・・。
[PR]
by hatake-garden | 2012-03-16 14:25 | 畑を彩る花たち

やる気満々の芽!

短かった冬休みも終わり、今日から夫は仕事へ、娘1は大学へ出かけた。娘2は、合格はしているが センター試験は受けねばならぬ身の上、その試験が目の前に迫ってきて、さすがに勉強部屋にこもっている。引き続き努力してほしい。・・・なにしろ 日本の勉強からとんでもなく遠ざかっていたからね・・・。

家族みんなをそれぞれの持ち場へ送り出し、洗濯して掃除機かけて床拭きもして、昨日まで姉んちのちびが使っていた猫トイレと毛布も洗って、そして小さな畑の巡回である。

一目で見渡せる小さな畑の面々を確認しつつ、ビオラの花がら取って、種まきが早すぎて大きくなりすぎてるソラマメと、種まきが遅すぎて小さすぎる春菊に水をやり、ローガンキョーという名のメガネをかけてジロ~ンと もう一度眺めまわしたら・・・、
c0055904_14171670.jpg
ん? レンガの隙間から たくさんの芽!!!
c0055904_14183261.jpg
あれれ?? こっちの隙間からも 出ているぞ・・・。

雑草のような勢いで出てるけど、どことなく雑草っぽくないたくさんの芽たち。

そうか! キミたちは『花にら』の芽なのか!
c0055904_14203774.jpg
この小さな芽たちは、たぶん2005年に100球埋めたあの『花にら』の子どもたちなんだ。正式名は『イエイオン ウィズレーブルー』だったね。球根でも増えるけど、花のあとに出来るタネからも増えるんだって。
秋に小さな畑の庭を久しぶりに耕して、久しぶりに畝立てしてたら、あっちこっちから 『花にら』の小さな球根たちが、たっくさん出てきたけど、たっくさんのタネも落としていたんだ。
新しい年のこれからが、もっと楽しみになったよ!!
[PR]
by hatake-garden | 2012-01-05 14:34 | 畑を彩る花たち

『一才桜』に泣く

5、6年ほど前に 生協のカタログで買った『一才桜』。
小さな鉢にちんまり植わって、
毎年かわいらしい花を咲かせてくれていた。
今までにも「枯らしてしまった」っという心配な時があったけど、
今回は ほんとに枯らしてしまった。

去年の秋に紅葉した葉をすべて落としたあと、
今年用の小さな芽が出来ていた。
それが、何を間違ったのか、冬に突然ヒョロヒョロの細長い、
できそこないみたいな新葉を出してしまった。
その葉があっという間に落葉し、
残った芽もひからびたような、生気を失ったような
なんとも頼りない状態。

毎年4月の半ばには開花するはずが、
春が来ても枯れ木のまんま・・・。
待てど暮らせど何も起きず・・・、
庭の片隅の、ブラックベリーやアスパラガスの足元のしげみの、
居心地のよさそうなところにそっと置いて、
未練がましく水やりをしていたものの・・・、
5月を過ぎても丸坊主の枯れ木の姿に、
「やっぱり とうとう 枯らしてしまったんだ」
っと 認めざるを得なくなり、
何度も謝り、
何度もため息をついた。

ら、ずっと続いた雨がやっと上がって、
今日久しぶりにしげみの中から出してみたら・・・、


・・・花が、
咲いていた・・・。
うそみたいだよ・・・。

・・・『一才桜』・・・ありがとう。
c0055904_20431165.jpg
思いもかけない展開に、
もう うれし泣き・・・。

・・・これからも元気でいてもらいたいので、
お医者さんにでも連れて行きたい気分・・・。


2010年の姿はこちら
2009年の姿はこちら
2008年の姿はこちら
2007年の姿はこちら
2006年の姿はこちら
[PR]
by hatake-garden | 2011-05-30 21:01 | 畑を彩る花たち