カテゴリ:畑ガーデンを作ろう!( 47 )

久しぶりの畑ガーデン

去年の夏野菜が終わってから、空っぽになったままだった畑の庭。
年末には子犬も増えたので、「ここはもう、犬らの遊び場としての庭にしよう!」っと、思い切って畝もつぶして更地にした。
そしたら、犬らが 喜ぶ、喜ぶ!
探索したり、
c0055904_19192236.jpg
走り回ったり。
c0055904_19201237.jpg
8畳ほどの広さなので、小さな回転半径で とにかくグルグル回る。黒い犬は すぐへばるけど、茶色い犬は激しく走り回って、回って、回り続ける。・・・回りすぎて目も回っちゃってるよ~で、写真を拡大してみたら とんでもない顔をして走ってた。やっぱり目ぇ回っちゃってたんだ。
c0055904_1923671.jpg

そんなにうれしいならさ、このまま ずっとドッグランでもいいかなっと思っていたけれど、
こんな小さな庭にも いろんなものが生えてきて、わけのわからんものも生えてきて、そんなわけのわからん勝手に生えてきたキノコを子犬が食べちゃった事件が発生し、
とんでもなく肝が冷えたので、
ドッグランもこのへんで終わりにして、やっぱりまた 畑の庭にしたよ。
c0055904_19255755.jpg
いつものミニトマト『アイコ』、ピーマン、ナス、つるありインゲン、大長夕顔、イタリアンパセリの苗植えて、春菊、はつか大根、ホウレンソウ、ニラのタネ播いたよ。
そして とっても 楽しみになったよ。
大長夕顔ってのは はじめて育てるよ。大きい上に 長いらしいよ! へへへ。

苗が根付いたら、また犬らも入れてあげるね。・・・ちょびっとだけね・・・。へへへ。
[PR]
by hatake-garden | 2014-05-11 19:43 | 畑ガーデンを作ろう!

碧露は使用しないでください

以前 何度かこのブログに登場したことがあり、最近もコメントに書きました、「碧露」という「生薬系」と言われていた薬ですが、農薬が含まれていたということが2008年にわかっていたそうで、だから、安全な薬ではなかったのです。
農林水産省のページに詳細が載っています。
そんなに前に 発表されていたのに、気づきもせずに のんきに 紹介なんかしてしまっていたことをお詫びしますとともに、気軽に使用されませんよう ご注意ください。
hanaさんが「小さな花かご」という記事にくださったコメントへのお返事にも書いてしまっています。ごめんなさい。

もう買おうとしても手に入らない状態だとは思いますが、もし 手元にありましたら、使用しないでください。
結構 高価で、かつ デパートで入手したものだったので  勝手に安心していましたが、やはり 薬はこわいな、と あらためて思いました。
[PR]
by hatake-garden | 2013-06-03 22:32 | 畑ガーデンを作ろう!

2013年5月の畑ガーデン

昨夕からの雷雨のおかげで 畑の庭はしっかり水分をたくわえて 元気いっぱい。
c0055904_1045880.jpg

A地点は、『黄色モッコウバラ』である。手前にある鉢植えは『バレンシア・リトル・レモン』ね。
モッコウバラは今年すっごく調子がよくって、I地点に植えてある『白モッコウバラ』がとうとうA地点まで伸びて、今年は2色きれいに揃い踏み、花期も長かった。
c0055904_10104954.jpg
でも、今はもう終わっちゃって、この写真は4月末のもの。
B地点は、『スナップエンドウ』である。今年も突風が多く、何度も倒れて、今も南側に傾いている・・・。毎度のことだが、支柱をもっとしっかり立てようね、自分・・・。
c0055904_10141843.jpg
ま、傾いてはいるが、プリップリの実が次々に出来てくれてる。
C地点は、『ニラ』。『スナップエンドウ』を囲んで 盆踊りを踊ってるように 丸く茂っている。
c0055904_10165622.jpg
お味噌汁の具などに重宝してる。
c0055904_1050575.jpg
「このあたりね~」とブッチクン。
D地点の鉢植えは『ビワ』。2006年に娘たちが小さな鉢にタネを埋めたもの。
c0055904_10214328.jpg
地面におろしてあげれば もっとグングン大きくなるだろうけど、何しろ小さな畑の庭・・・、場所が決めきれないでいる。それは鉢植えの『バレンシア・リトル・レモン』も「同じこと。このまま鉢植えにしておくと、きっと私のことだから 枯らしてしまうよ・・・。
その『ビワ』の足元あたりを見ると 小さな芽がいっぱい!
c0055904_10243293.jpg
これは『シロツメクサ』の芽。前に大きい袋で買っちゃったタネを 冷蔵庫に入れて保管してて、時々蒔いてる。土飛散防止のためなので、はやく大きくなって欲しいのである。
E地点は、『ゴーヤ』と『ミョウガ』。ずっと『スノーグース』というつるバラがあったとこだが、結局枯らしてしまった。
c0055904_10302794.jpg
『ゴーヤ』はまだ小さいが、『ミョウガ』はぐんぐん大きくなってきてる。・・・んだが、1地点あたりに植えたものが、あまりに蔓延るので ずいぶん抜いたにも関わらず・・・今年は2地点にも出てきた・・・。恐るべし『ミョウガ』! パワーはドクダミ並みだ!
F地点は、久しぶりの『ナス』は2本。久しぶりなのは『ピーマン』もで、それはG地点、3本。H地点には、ミニトマト『アイコ』で、赤いの2本と、その間に黄色いの1本。最初は同じくらいの大きさだったのに 黄色がやけに大きくなってきてる。
I地点は、『白モッコウバラ』と、その手前に『アイスバーグ』というバラ。ずっと鉢植えだったのを、枯らすのが怖くなって一昨年地面におろしたんだが、場所がなくって 結局中途半端な位置・・・。『スノーグース』が枯れちゃうのがわかってたら その後に植えたかったけど・・・、冬になったら お引越ししてみるか・・・。でも、ま、中途半端な位置でも きれいな花をつけてくれて、『ラベンダー』と『シロツメクサ』といっしょにアレンジしたら なんとも可愛らしい。
c0055904_10432063.jpg
うちで咲いた花だよ、っと大きい犬と 猫に供えてる。
今日は お天気よくって、ブッチクンもお日様をチャージ!
c0055904_10513493.jpg

気持ちいいね!ブッチクン!
c0055904_10521086.jpg
「そう~ですね! お母さん!」
雨上がりの畑の庭は キラキラだね!! 今日も元気で はりきっていこう!!
[PR]
by hatake-garden | 2013-05-17 10:59 | 畑ガーデンを作ろう!

2012年9月の畑の庭

雨が降らずにパサパサだった畑の庭も、このところのまとまった雷雨で しっかり水分を含んでくれた。雨のおかげは他にもあって、昨日一昨日は 気温はやや高めなものの涼しい風が吹いたので エアコンを入れずに過ごせた。・・・でもまあ、このまま秋にはならないようで、今日は無風で気温も高く、さっそくエアコンのお世話になっている・・・。
っと、そんな9月初めの 小さな畑の庭はこんな様子。
c0055904_9245230.jpg
A地点は、写真撮り忘れたが 『ニラ』である。上の方のA地点は 何年物かの古い株であるが、下のA地点は、去年出来たタネから育てた、まだひょろひょろのヒヨっ子株である。

B地点は『ツルムラサキ』である。
c0055904_9301363.jpg
夏になってから おくれて植えつけたが、元気はつらつである。どんどん伸びるのだが、ちょっと青臭くて 消費量が上がらず・・・伸びっぱなしになってしまっている・・・。つまり・・・好き嫌い、である・・・。今日こそ食べねば・・・。

C地点は 『ミニトマト・アイコ』である。今年も赤のアイコが2本、黄色のアイコが1本の、3アイコである。赤より黄色の方が甘く、そして少々さっぱりしている。つまり、赤の方が酸味も甘みもあって、トマトらしい味、ということである。黄色はフルーツっぽくもあるのだが、何より、黄色という色が 料理をきれいに見せてくれるのでとても重宝している。
c0055904_9332449.jpg
しょっちゅう作っているラタトゥーユにも、黄色いパプリカのかわりに入れると 美味しい上に見た目もよくなる。サラダに入れてもきれいである。

D地点は 『ゴーヤ』である。
c0055904_936486.jpg
今年は水やりと摘心をそれなりに努力したおかげで調子がよい。一昨日は2本とってチャンプルにした。
c0055904_9371580.jpg
今日も2本とらねば そろそろマズイであろう・・・。何にしようかな・・・。

っと、この夏は2畝サボって、いや、休ませているので、小さな畑がいっそう小さく感じられる・・・。が、あまりにも暑いしね、いいの、いいの、こんなもんでも。
さて、最後のおまけは、この小さな畑のジューンベリーの木の下の睡蓮鉢にはじめて咲いた花。
c0055904_9411888.jpg
いわゆる『金魚藻』と言って売られてるもののうち、『オオカナダモ』という 葉っぱが細くない方の『金魚藻』の花である。最初、白い小さな紙切れが浮いてるのかと思ったら、かわいい花だった。『オオカナダモ』は雌雄異株なんだそうで、日本にはなぜだか雄株しかないそうなので、つまり このかわいい花は雄らしい・・・。何度も 何年も うちにあったけど、花見たのははじめてで だから なおさら うれしい。
[PR]
by hatake-garden | 2012-09-05 09:53 | 畑ガーデンを作ろう!

雨水タンクを改め、貯水タンク?

畑の庭の水やりには 雨水タンクにたまった水を利用していた・・・。去年の大震災までは・・・。
大震災後の原発事故で、横浜でも放射性物質が検出され、特に 雨水が集まるところが高濃度になっちゃったりする、っと聞いたので、雨水タンクを樋からはずした。
で、今はその雨水タンクのかわりに・・・、
c0055904_1531208.jpg
リビングの掃出し窓のすぐ外に睡蓮鉢を置いて、貯水タンク、ならぬ、貯水鉢にしている。毎日の台所仕事で、出る排水のうち、洗剤を含んでいない「すすぎ水」が洗い桶にたまる度に、17歩ほど歩いて 掃出し窓を開け、ザーッとこの鉢に注ぎ込むのだ。お米のとぎ汁だったり、コップや野菜を洗った水だったり。なので、濁ってたり、野菜くずが混じってたりもする。
で、毎日の畑の水やりに利用している。
このやり方にしたら、排水口にそのまま流しちゃってたお水の量が どんなに多かったかに ビビるのである・・・。なので、めんどくさいけど、こまめに きれい目な排水を 17歩ほど歩いて ザーッとためる。
その水を お風呂用の手桶でゴーヤやつるむらさきやミニトマトにザバザバやる。
c0055904_15372699.jpg
ゴーヤは 朝と夕では 見るからに大きさが違うので、立ち去りかけてから、「やっぱりもう一杯!」っと追加でやったりする。やったら やっただけ大きくなるような気がするのである。へへへ。
ミニトマトは 今年は今一つ。数も大きさも今一つなのだ。けど、つるむらさきは うちに合っていたのか、遅くに植えた割に ぐんぐん大きくなってて、茹でて水にはなしてから朝のミックスジュースに入れたりしている。
c0055904_1541314.jpg
最初の頃は この貯水鉢を置いてなくって、洗い桶にたまるたびに庭まで撒きに行ってたけど、このやり方にしたら すっごくよくなったので、おすすめである。えへへ。ポイントは、たまった水をジョウロに入れないこと。野菜くずとかで、つまっちゃうのである・・・。てへへ。
今は 雨水も大丈夫なのか、よくわからないのだが、雨水タンクが復帰しても、このやり方は続けたいなと思っている。だって、排水口にそのまま流しちゃってたお水の量が どんなに多かったかに 気づいちゃったからね・・・。
[PR]
by hatake-garden | 2012-08-24 15:59 | 畑ガーデンを作ろう!

小さな畑の庭のペーハー・・・?

大雨が上がって、やっとやっと青空が広がった。・・・気づけばゴールデンウィークも明日で終わりである・・・。
c0055904_17362867.jpg
南側のフェンスのところの黄色モッコウバラは大雨の間に満開となり、やや枯れ始めた今日、慌てて写真を撮った。西側の、隣家との境に植えてる白モッコウバラはほころびはじめたところなので、数日したら満開になる予定。白モッコウバラは元気にどんどん成長し、隣家との境を蔽いつくし、気づけば南側の黄色モッコウバラに混ざりはじめている・・・。

少し前に この小さな畑の庭のペーハーってものを、はじめて調べてみた。
というのも、ちょっと遠くの大き目な園芸店の広告が入った折に、土に突き刺してペーハーをはかる器具が 、たしか1980円のところ1580円だかになっており、だから それを購入して はかってみようと思ったわけである。・・・でも、結局は その特売器具の前でウンウン唸って・・・、その1580円が惜しくなって・・・、500円くらいの検査薬を買ったのであるが・・・。へへへ・・・。
結果は、
c0055904_1750724.jpg
7~7.5というところのようであった。7が中性ということなので、ややアルカリ性、ということのようである。
試験薬についてた説明の紙によると、スイートピーには7~8がいいそうで、そのスイートピーの仲間であろうスナックエンドウの調子がいいのは 土のペーハーがドンピシャだったからなのであろうか・・・。
c0055904_175536.jpg
あまりにも調子がよすぎて・・・ちょっと泣きたくなってきたほどである・・・。

さて、この小さな畑の庭の東南角に植えてあるブルーベリー、そろそろ花盛りを過ぎようとしている。
c0055904_17422358.jpg
ブルーベリーの花は鳥たちに大人気で、毎日いろんな鳥でにぎわっている。蜜を吸うのはいいんだけれど、乱暴にむしりとられるのは ちょっと気の毒・・・。そのブルーベリーは 植物にしては珍しく、強酸性を好むんだそうで・・・、ペーハーでいうと4~5あたりがいいんだそうである・・・。ブルーベリーのあたりは 植えっぱなしで 石灰まいたりもしてないし、去年は結構豊作だったし、だから 7とかではないと思うけど、いかがなものだろうか・・・。結果は 夏にわかる予定・・・。・・・ほんとはペーハーを調べるつもりだったけど・・・、試験薬・・・、やってみたら 案外めんどくさかったのね・・・。土と水を混ぜて沈殿させるのが 思った以上に時間がかかっちゃうのね・・・。・・・やっぱり 土にさす器具を・・・買えばよかったかな・・・。・・・。・・・ま、そのうち 試験薬でやろう・・・。500円ぐらい投資したからね・・・。
[PR]
by hatake-garden | 2012-05-05 18:20 | 畑ガーデンを作ろう!

素焼きのコンポスト

何年か前から小さな畑の庭にコンポストが欲しかった。雑草やら 落ち葉やら入れたいのであった。でも、よくある市販のコンポストはプラスチックの大きな物で、8畳ほどの畑の庭には あまりにも大きすぎ、リビングから見えることを考えると おしゃれさにも欠けるのであった。そして、私の住む町では、プラスチックの大きなものは 不要になって捨てる時に有料の粗大ごみになってしまうのである。だから、小さめの素焼きのコンポストがあったらいいのになぁっと思いついた。
園芸の本の片隅に 思ったとおりの物が載っているのを見つけたのだが、それは どうも コンポストとして作られた物ではなく、アスパラガスにかぶせて ホワイトアスパラにするための物らしく、ネットで探しに探したら 2万円近くする高価なものなのであった・・・。
っということで 「素焼きのコンポストが欲しいなぁ・・・」っと思いつつも、空いた素焼き鉢に 抜いた雑草やらを放り込んで、それを たまにひっくり返して取り出す、という作業を 何年もしていたのである。

それを この春、とうとう、とうとう自作することに成功したのである!(そんな騒ぐほどのことではないんだけどね・・・自分的には 「やった!」って気分なのね・・・)

まず用意したのは電動ドリルである。
c0055904_14324057.jpg
実家の納戸に眠っていた父のドリルであるが、しっかり働いてくれた。先っぽは タイル用とガラス用というのが このドリルといっしょに入っていたので それをそのまま使用した。・・・父が その先っぽで何をしようとしていたのかは 不明だが、新たな投資をすることなく ありがたく使わせてもらった。
で、ドリルでいっぱい穴を開け、
c0055904_14381960.jpg
穴と穴の間にも また穴を開けていった。素焼きの鉢は 思ったより硬くて、ぐるっと穴を開けるのは 思った以上に大変であった・・・。(ちなみに、元々の鉢底穴のところに ちょびっと切り込みが入ってるのは、1年ほど前に、やっぱり同じことをしようとした 名残なのね・・・。その時は ドリルで穴を開ける、ということは思いつかずに、金ノコで切ろうとして・・・挫折したのね・・・。)
で、次に用意したのは、
c0055904_14405475.jpg
金づちとノミである。これで穴と穴の間を注意深くコンコンっとやって、
c0055904_1439580.jpg

穴と穴をつなげていって、
c0055904_14441153.jpg
底をガバッと抜いたのである。
で、穴と穴をつないで抜いた断面を ノミできれいにならして、
c0055904_1454328.jpg
きれいな大穴にした。

で、次は、ずっと前に蚊遣りを作った時の残りの粘土で蓋を作った。・・・残り物の粘土は石のように硬くなってしまっていたので、濡れたタオルにくるんで ビニール袋に入れ、何日か置いたら ちゃんと軟らかい粘土に戻ってくれた。それで 穴にカポッとはまる蓋を作ったのだが、粘土は 乾燥する時と 焼く時に 縮むので 大きさ合わせに苦労・・・。
乾燥させてから 削ったりして、最後はオーブンで45分焼き、出来上がり!
c0055904_14581293.jpg
・・・のはずが・・・、穴にカポッとはめるのはうまくいったけど、蓋自体は思ったほどには縮まなくって、ちょっと頭でっかち・・・。その上、焼きあがった時に、てっぺんの取っ手と、本体と、カポッとはまる部分との3つに はずれてしまった・・・。だから、陶器用の接着剤でその3つを また1つにくっつけて、どうにか完成・・・。
c0055904_1521939.jpg
使い始めてから 大雨も降ったけど、今の所 接着したところがはずれることもなく、今日も 抜いた雑草を入れることができたよ。写真だと 焼いた時に入ったヒビも写らなくって、庭になじんで まあまあいい感じ・・・。このまま、接着面がとれないで 使い続けられることを祈る。・・・うむ。
[PR]
by hatake-garden | 2012-04-28 14:45 | 畑ガーデンを作ろう!

2012年の春を迎えた畑ガーデン

立春を過ぎてから 時折 春の気配を感じることがあったが、雨が上がった今日は、もう まさに 春。
小さな畑の庭にしゃがんでいたら、上着なしの背中に お日様があたたかい。

何年も前に、お隣からいただいた「オキザリス」。いつの間にかいろんなところに落ちていて、あっちこっちで黄色い花を咲かせてる。
c0055904_12432314.jpg
 
オキザリスと同じような「三つ葉」は他にもあって、
c0055904_12461944.jpg
これは、雑草と呼ばれる「カタバミ」。
c0055904_12465851.jpg
こっちは「シロツメクサ」。雑草と呼ばれることもあるけど、私がわざわざ蒔いたもの。

植木鉢のすみっこの小さな雑草の、小さな小さな白い花。
c0055904_12483311.jpg
この雑草は 何年か前に 最初は1つだけ生えてきて、あまりにかわいいので そのままにしておいたら、今では庭のいたるところに生えていて、今 そろって かわいい花を咲かせてる。花のあとに出来るサヤには 小さなタネがたくさん入っていて、それがはじけて 小さなタネが 遠くまで たくさん飛ぶ。かわいいから 許しているよ。

それと同じく、小さくて白い花、大好きな「スィートアリッサム」は、寒い冬を乗り越えて、ボロボロになりながらも 健気に咲いている。
c0055904_12524657.jpg
「ビオラ」も 霜や雪に傷んだけれど、やっぱり健気に咲いている。
c0055904_12562683.jpg
冬の初めに 近くのホームセンターで 1つ10円で売ってたボロボロの「ビオラ」は、
c0055904_12554630.jpg
こんな色の花が咲いたよ。やっとわかった。うれしいな。

c0055904_12575680.jpg
「チューリップ」や、
c0055904_12584380.jpg
「ミニスイセン」の芽も出て、
何度も霜でひしゃげた「ソラマメ」も「スナックエンドウ」も、冬を乗り越えて 春の気配を喜んでいる。
c0055904_12594747.jpg
その足元には これまた、こんなに小さいのに 冬を乗り越えた「ニラ」の芽。
c0055904_1321679.jpg

小さな畑の庭は、春を迎えているよ。
c0055904_1334999.jpg

[PR]
by hatake-garden | 2012-02-24 13:09 | 畑ガーデンを作ろう!

2010年5月の畑ガーデン

楽しかったゴールデンウィークも今日が最終日である・・・。
老朽化が進行中のウッドデッキで、何とかバーベキューも楽しめた。
箱根のお湯にもつかったし、大涌谷の黒タマゴも無事食べて、寿命を7年延ばすことができた、はずである。
「おうち映画館」で映画も3本観た。オランダ映画『クリビアにおまかせ』については 申し述べることはないが、『菊次郎の夏』と『北北西に進路を取れ』はとてもよかった。
そして、今日は、兼ねてからの懸案事項であるところの、「小さな畑の庭の記録」をやっとこ、するのである・・・。うむ・・・。

『畑ガーデン』と名乗っているのに、畑の話題はとんとご無沙汰であったが、のらりくらりと、ゆるく、やってはいたのである・・・。
ワンショットですべてが網羅されてしまう、潔い私の畑の庭の全貌が、これである・・・。
c0055904_14234224.jpg

今年の春はかなりな異常気象であり、4月に入ってからみぞれが降ったりしたが、今日は夏のような暑さであり、一気に咲いた『モッコウバラ』が、一気に茶色くなってきている・・・。
A地点が その『モッコウバラ』の黄色である。
c0055904_14283793.jpg
何年か前に姉からもらった ひょろひょろの1本の苗が、今年急激に大きくなった。
c0055904_1431381.jpg
B地点の『モッコウバラ』の白は、1年に何度も何度も切り詰めているのだが、すこぶる元気で、元気すぎて制御に少々困っている・・・。ま、うれしい悲鳴、である・・・。きゃぁ・・・。

C地点では、去年埋めた『ハヤトウリ』から みなさんにお教えいただいたとおり 再びツルがのび始めている。ありがたい!
c0055904_14323514.jpg
去年はどのくらい伸びるのか想像がつかず、予定の場所に収まりきらなかったので、今年はうまく考えねばならない・・・。うむ・・・。

D地点は『スナップエンドウ』と『絹さや』である。
c0055904_1436325.jpg
どちらも去年苗を植えつけたのだが、ハモグリバエにやられつつも まあまあの出来である。特に『スナップエンドウ』は甘くて美味しい。
c0055904_14361760.jpg


さて、E地点とJ地点は『ジャガイモ』である。
c0055904_14421578.jpg
・・・品種は何だったか・・・、あれれ?・・・どうも忘れてしまったようである・・・。・・・。あれれ・・・?たしか 今年も『メークイン』にしたよ~な・・・、そんな気がするのである・・・。

F地点は大きな鉢に植えっぱなしの・・・
c0055904_14432350.jpg
・・・あれれ? なんだっけ?『クリーピングタイム』とかなんとかいうやつだったと思う。これは ただのお花なのだが、今花盛りでとてもきれいである。・・・。

G地点はイチゴである。
c0055904_14444546.jpg
関西のマンションに住む父が、ベランダで育てて、殖えた苗を譲ってくれた。譲ってくれた時に、「プランターで育てようかな」っと言う私に、「せっかくだから 地面で育てたら」と言ったものの、その夜に イチゴでいっぱいになる私の庭の夢を見て、翌日「殖え過ぎたら大変だから やっぱりプランターで育てたら?」と言ってきた。・・・でも、心配ご無用である・・・。殖えすぎることより、枯れるほうを心配せねばならぬのが、私のいつものパターンなのであるからね・・・。・・・。・・・枯れたらごめんね・・・。・・・。品種は『アスカルビー』と、もうひとつは不明だそうである。

H地点には ミニトマト『アイコ』を植えた。
c0055904_1451439.jpg
普通の赤いアイコを2本、これは自根苗で、黄色いアイコは接木苗のを1本、合計3アイコである。ミニトマトは今までいろいろ植えてみたが、結局アイコが大好きなのである・・・。ふむ。

大好き、と言えば 『ゴーヤ』も大好きなのだが、育てる方はカラッキシで、毎度失敗である・・・。なのに、また 懲りもせずに・・・I地点に『白ゴーヤ』と『大長ゴーヤ』を植えた。
c0055904_1638828.jpg
いっぱいある種類の中で、お店のお兄さんおすすめの『白ゴーヤ』と、大きく かつ 長い、という『大長ゴーヤ』を選んだのだが、果たしてどうなることやら・・・。今年こそミラクルをおこしたいなあ・・・。

そんな毎度育ちの悪いゴーヤとは正反対なのが、K地点の『ブラックベリー』である。何年も前に「育ちがよすぎて もう面倒みきれん!」っと 友人Iが友人Mに里子に出したものを、そこで また殖えすぎて、我が家にやってきたのであるが、我が家も そろそろ「面倒みきれん!」感じになってきている。
c0055904_16465333.jpg
・・・でも、かわいい花がいっぱい咲くし、その後には美味しい実もいっぱいできるので、切り詰めながら、少々は里子に出しながらも、何とか所定の範囲におさまってもらっている・・・。おさまってもらっているはずなのだが・・・つい最近、G地点のイチゴ『アスカルビー』のところににニョキっと顔を出したのが、何だか この『ブラックベリー』のような気がしていて・・・今、とっても憂鬱なのである・・・。とほほ・・・。

で、最後は、L地点の『ブルーベリー』である。これも、何年も前に 関西に住む母から譲り受けたものだが、なかなかいい感じに収穫できるようになってきた。今は かわいい花がそろそろ終わりで、これから美味しい実になる、予定である。
c0055904_16503541.jpg
枝も細く、頼りない木姿なのだが、この小さな木は 鳥たちにかなり人気があり、実りの時期はもちろんだが、花が咲く今の時期もモテモテである。小さなメジロは、細い枝に逆さまにぶら下がって蜜を吸い、大きなヒヨドリは ガシガシっと花をついばむ。

っということで、楽しかったゴールデンウィークも今日が最終日であり、それも そろそろ日も暮れようという時間になってきた・・・。はぁ・・・。ゴールデンウィークが終わっちゃうのは寂しいが・・・、今後の成長が楽しみな 畑の庭である。・・・うむ。
[PR]
by hatake-garden | 2010-05-05 17:19 | 畑ガーデンを作ろう!

7月の小さな畑の庭

小さな畑の庭の今。
c0055904_15401397.jpg
A地点は『シシリアン・ルージュ』、身長はとうに越された・・・。
B地点は『ミニトマト アイコ』、これまた私よりでっかい。
C地点は『ハヤトウリ』、昔 祖母が作っていたので 懐かしくなって植えてみた。これもまた、背高のっぽ。
D地点は『バレンシア・リトル・レモン』、これは鉢植えで小さいまんま。小さい実がいっぱい出来てきてる。楽しみ!
c0055904_1603829.jpg

E地点は『千成ひょうたん』&『ニガウリ』・・・、なんだけど、ひょうたんの勢いがすごくて・・・ニガウリはどこ?・・・みたいな状態。・・・でも、葉っぱのかげに小さいニガウリ発見。
c0055904_15593570.jpg

F地点は『ミョウガ』、今まさに美味しいシーズン、だけど・・・ドクダミ並みに はびこってきてるので・・・、その勢いを阻止するべく・・・サツマイモのツルを2本植えてみた・・・。はたして阻止できるか・・・。
G地点は『ニラ』、もう何年も株分けで育て続けているもんで・・・時々・・・その存在を・・・忘れてしまう・・・。
H地点は『オカワカメ』、一昨年だったか、生協のカタログで見つけて植えつけたのだが、去年はヒョロヒョロで、今にも消えてなくなりそうで・・・。その上、一度は どうにか生きてるそのヒョロヒョロを・・・思いっきり踏んづけてしまい・・・根元からポッキリ折ってしまい・・・結局一度も食べなかった。が、今年は元気! 葉っぱを摘んで食べてるけど、次々どんどん出てくるよ。ぬめりがあって美味しいよ。
I地点は『ブルーベリー』、今日からとり始めてるけど、ムクドリも雄たけびあげて狙ってる。負けないもん!
c0055904_1559625.jpg

c0055904_161750.jpg
鳥にかじられた三角の傷がついてるのもあったから・・・負けそう・・・である・・・。・・・これ書いてたら・・・また来てビャービャー騒いでるよ・・・。
さて、最後は・・・
J地点の『白長ウリ』、・・・発育不良気味の上、ウドンコ病も出ているよ・・・。今後を憂う状態・・。とほほ。

出来不出来はあるけれど楽しい畑の庭である。

4月の頃の様子はこちら。3ヶ月で・・・ずいぶん様変わり・・・。
[PR]
by hatake-garden | 2009-07-15 15:38 | 畑ガーデンを作ろう!