ヴェルサイユはきらびやか・・・(パリ旅行6日目-1)

6日目の朝は、4時過ぎに目が覚め、5時に起床。ここに来て 急激に時差ボケが解消されはじめたようで、夫は6時まで寝ていた。
明日明後日は帰国のための移動のみになってしまうので、6泊8日のパリ旅行の実質的な最終日である・・・。
朝食は夫作のチーズ入りオムレツ、サラダ(レタスとキャベツのハーフみたいな葉っぱ)、青りんご、ピンクグレープフルーツジュース、黒パン、コーヒー。

10時頃、徒歩でPER((高速郊外鉄道)Cのアヴニュ フォシュ駅。今日はここからヴェルサイユ宮殿のあるヴェルサイユ リヴ ゴーシュ駅に行くのである。が、路線図を見て、乗り換えの駅がわかったものの、時刻表が理解できず、夫婦でしばらく固まる。アヴニュ フォシュ駅からヴェルサイユ リヴ ゴーシュ駅はPER((高速郊外鉄道)の中の、同じC線で行けるのだが、4つ目のシャン ド マルストゥール エッフェル駅で乗り換えが必要で、その乗り換えた先が、途中からC5とC7の2又に分かれてしまうので、私たちはC5の方へ行かねばならない。そこまではわかったのだが、時刻表を見ると、乗換駅のシャン ド マルストゥール エッフェル駅から 目的地のヴェルサイユ リヴ ゴーシュ駅までの駅数が合わないのである。ほんとは9つ目なのに、時刻表上は途中の駅をすっ飛ばして、まるですぐ着くように書いてあるので 最初は何が何だかわからなかったのだ。しばらく悩んでやっと「たぶん、乗換駅までが進行方向だとしたら、乗り換えてからは 違う線ではあるけど、進行方向と逆に戻ることになるんじゃないのかな?だから、時刻表は 乗換駅から先は 逆向きの時刻表を見なきゃなんじゃないのかな?」と気づいた。
そこまで理解するのに10分ほど。そこへ、親切な駅員さんが見るに見かねて「何かお手伝いしましょうか?」(フランス語でだから、たぶんそんな感じ・・・)と声をかけてくれた。言葉がわからない私たちに図まで書いて説明してくれた。うっすらと気が付いていたとおり、私たちは 乗り換えのシャン ド マルストゥール エッフェル駅で、「戻る」ような感じで乗り換えをしなければならず、それも、本当に戻ってしまわないように、かつ、先が2又に分かれるから その行先を間違わないように乗らなければならないのである。「必ず、頭にVICKと書いてある電車に乗るんですよ」というようなことを 親切な駅員さんは何度も繰り返した。
今日は遠出なので、いつものTicket t+では行けない。その親切な駅員さんから切符を買って どうにか10時13分発の列車に乗り込んだ。
c0055904_15263848.jpg
2階建てになっている列車は下階の席は落ち着いた感じだし、上階は見晴らしがいい。
c0055904_15285476.jpg
無事に乗換駅のシャン ド マルストゥール エッフェル駅に到着。戻る方向のホームへ移動し、頭にVICKと書いた列車が来るまで待って、無事に乗り込む。
c0055904_1536257.jpg
この列車の終点、ヴェルサイユ リヴ ゴーシュ駅から徒歩10分のところにヴェルサイユ宮殿があるので、乗客のほとんどは観光客である。やはり白人が多いが、韓国人の女の子2人組、日本人らしき女性一人旅が 別々に2人いた。一人は30歳くらい、もう一人は60歳くらいだろうか。たくましくて素晴らしい。
c0055904_15404824.jpg
列車はパリ市内から20キロほどの郊外へ。風景も市内とはずいぶん違って、まるで 首都圏のベッドタウンである我が町のように、小さめの一戸建てが緑の中に並んでいる。そして、まるで我が家のように、すぐ外に畑を作っている家も見えた。遠いフランスでも 日本と同じように普通の人の普通の暮らしが営まれているんだ。
・・・ちなみに、遠いフランスでも 日本と同じようにあちこちに落書きがしてあるのである・・・。我が家のそばの高速道路のコンクリート面にも、そっくりのがあったよ・・・。
c0055904_15495127.jpg
10時57分ヴェルサイユ リヴ ゴーシュ駅着。
c0055904_15512568.jpg
雨こそ降っていないが、霧が出て寒い中を歩くこと10分ほど。
c0055904_15525930.jpg
いよいよヴェルサイユ宮殿だ。
c0055904_1555286.jpg
c0055904_15553467.jpg
いきなり豪華絢爛である。

有名観光地はトイレ完備なのがありがたい。さっそくトイレを済ませて、順路に従い 中へ入り、ガイドブックで見どころを確認しようと・・・「あそこの椅子に座るから・・・」と夫に言って ガイドブックを広げる。っと、さっきまでいたはずの夫がいない・・・。あれあれ?っと思ってあたりを探しても どこにもいない・・・。順路に沿って すぐ上のフロアーを覗きに行ったが そこにもいないのである。こんなところで迷子になっちゃって・・・、と困っていたら、どこかでかすかに電話のなる音。思い起こせば パリに着いたあの日、日本人スタッフから借りた「着信専用の携帯電話」を、私は持っていたのであった。「着信専用だからさ、たぶん使うことないよね~」っと言って、その存在を忘れていたのだが、それが役に立ったのだ。
私に断りもなく音声ガイドを借りに行っていた夫と 無事に合流。先に怒った方が勝ち!みたいな気分で お互いにお互いのせいにする。日本でも、いつもこのパターンで「夫がいなくなり、夫探しに時間を費やす」ことが多いのだが、所変わっても 夫は変わらないのである・・・。・・・。

まあ、夫のおかげで無料の音声ガイドを手に入れたことはとてもよかった。
ヴェルサイユ宮殿の見学順路は決まっていて、「王室礼拝堂」から、
c0055904_1682032.jpg
「ヘラクレスの間」や「ヴィーナスの間」がある「王のグラン・アパルトマン」、「鏡の回廊」、「王妃のアパルトマン」、「庭園」、という流れになっている。
c0055904_1712869.jpg
「豊饒の間」の天井。ここは軽い飲み物を出す場所で、ルイ14世の「好奇心または珍重の小部屋」とも呼ばれ、その後、ルイ16世の遊戯の間になったそうである。
c0055904_1721777.jpg
先日行ったオペラ・ガルニエのホワイエとよく似た「鏡の間」。さすが本家だけあって、広い。でも、年間400万人の入場者を迎えるためか、合板で出来た床はブカブカしている。
c0055904_1734417.jpg
c0055904_20534149.jpg
どこもかしこも装飾がすごい・・・。
c0055904_20541239.jpg
「鏡の間」の鏡に映ってる ずんぐりむっくりの私・・・。
c0055904_20543375.jpg
1701年にルイ14世が新たに作らせた「王の寝室」のベッド。1715年9月1日にルイ14世が亡くなったのもこの寝室なんだそうで、そんな説明を音声ガイドで聞いていたら・・・またしても夫がどんどん先に見えなくなり、しかたなく追いかける。
c0055904_2055072.jpg
金の装飾や様々な絵画で飾られた部分も素晴らしいが、次々に見せつけられると なんだか お腹いっぱいな感じもしてきて・・・、大理石で出来た空間が 落ち着いた重厚さで なんだかとってもよく見えてくるのであった。
c0055904_20552473.jpg

写真撮っていたら・・・、夫はどんどん先へ消えていく・・・。・・・あれあれ?でも、まだ「王妃のアパルトマン」見てないんだけど・・・。・・・。

・・・宮殿を見学したら 次は庭園である。
(つづく・・・)
[PR]
by hatake-garden | 2011-12-19 16:24 | 旅先のこと
<< ヴェルサイユのバラは・・・?(... パリの、本物と偽物・・・(パリ... >>