パリのスーパーは宝箱!・・・(パリ旅行3日目-1)

にわかパリっ子生活3日目の朝も、3時半に爽やかに目覚めてしまった。・・・パリと日本、どっちつかずの時差ボケである。
朝食は前夜フードドラックストアで購入したヨーグルト、グレープフルーツを小さくしたようなフルーツ、昨夜のサラダの残り、オレンジジュース、バゲット、発酵バター、チーズ。
6時過ぎから洗濯して、8時の夜明けとともにブローニュの森へ散歩に出かけた。
c0055904_22121394.jpg
私たちが滞在していたアパートメントはパリ16区の、メトロ2番の終点ポルト ドーフィヌ駅と、PER((高速郊外鉄道)Cのアヴニュ フォシュ駅から歩いて数分、パリを東京に例えるなら 麹町くらいのポジショニングの地域だそうで、そのアヴニュ フォシュ駅を過ぎて少し行くと 広大なブローニュの森が広がっている。
c0055904_22123757.jpg
森の中には、公園、ふたつの競馬場、遊園地、テニスコート、テニス博物館などもあり、とにかく広い、らしい。その大きな大きなブローニュの森の、ほんの端っこを、冷え切った朝の空気に 鼻を赤くしながら歩く。
c0055904_2213625.jpg
とりとめもなく広いので ぼんやりしていると遭難しかねない。アヴニュ フォシュ駅のそばを高速道路が走っているので、その音を頼りに森を抜けると、来た時に見かけたパリ第9大学のわきに出ることができた。
c0055904_22132757.jpg
アパートメントへは帰らず、そのままビクトルユーゴ広場の方へ歩き、マックカフェで温まる。パリで見かけたマクドナルドは、どこもこげ茶色のシックなデザインのカフェになっていた。この店は、一つの店の両側にカウンターがあり、片側がカフェ専門、もう片側が普通のハンバーガーメニューを扱っているようで、私たちが行った朝の時間には カフェしかやっていなかったが、すでにほぼ満席であった。
c0055904_22395983.jpg
お兄さんが手際よくカフェラテの泡で絵を描いてくれた。目にも 口にも 美味しいのである。

ひと休みしたら、モノプリというスーパーマーケットで買い物。円高のおかげで、モノプリ全部が特売会場のようであり、とにかく何でもお安いのである。
前日行った朝市ではいろいろな野菜や果物が山積みになっていたが、スーパーも同じように たくさんの種類の野菜や果物、きのこなどが山積みである。それも お安い!
c0055904_22541148.jpg
隅の方には パック詰めされたものも少しだけ置いているが、基本的には 重さあたりの価格表示を見つつ 欲しいものを好きなだけ種類ごとにビニール袋に詰めて、レジで計算してもらうしくみである。
c0055904_11352210.jpg
チーズの種類も豊富である。それも お安い!
c0055904_22553067.jpg

牛乳もバターもいろいろある。これまた お安い! 夫の話によると、最近 東京にフランスの発酵バターの専門店が出来たそうだが、そこで1000円くらいで売ってるバターが、ここでは3ユーロ、つまり300円ほどである。輸入の手間や送料を考えれば当たり前であるが、現地では 高級品ではなく、日常、なのである。だから、心置きなく選べるし、買えるのだ。
c0055904_22582641.jpg
なのに、悲しいかな、フランス語がわからないので・・・商品の説明が読めない・・・。バターいっぱいあるけど、これとそれの違いは?っと思っても、わからないのである・・・。これは、今回の旅全般を通じての問題点であった。買いたい物、注文したい物、聞きたいことが言えない、わからない、だから、なかなか思ったように自由に行動できないのが悔しいところであった。
リップクリームを忘れたので、買おうと思ったら、すっごくたくさんの種類があって、当分悩んだ。悩んだ末に「CLASSIC」というのが失敗ないじゃろう、という理由で、LabelloのCLASSIC CAREという2.19ユーロのにしたのだが、これがすこぶるよくて、後日娘たちのお土産用と自分の予備として3本買って帰ったのだが、帰国してから調べたら、どうも日本には売ってないものらしく、そうわかったら もっと買えばよかった、と 悔しくなったのである。
結局、あまりの楽しさに、モノプリには2時間くらいいたんじゃないかと思う。かなり怪しいアジア人夫婦に見えたと思う。青りんご(2個で1.04ユーロ)、洋ナシ(2種×各1個で1.03ユーロ)、紅茶(1.21ユーロ)、コーヒー(2.55ユーロ)、袋詰めされたサラダ(1.89ユーロ)、パンケーキの小さいのがいっぱい入ったの、牛乳(1.61ユーロ)、リップクリーム、オリーブの石鹸、姉に頼まれてたクスミ・ティ(5種類の小さな缶入り紅茶詰め合わせで16.6ユーロ)、クリスマスカード、自宅用に鍋つかみ(3.9ユーロ)などなど買い、町に点在するキッシュやケーキ、お肉屋、ソーセージ屋などなど美味しそうな食品を扱うお店を覗きながらアパートメントに戻った。
c0055904_11321369.jpg

午後は パリで一番高い丘であり芸術家の町であるモンマルトルを目指して、ポルト ドーフィヌ駅からメトロ2番に乗ってアンヴェール駅へ向かった。
(つづく・・・)
[PR]
by hatake-garden | 2011-12-05 21:24 | 旅先のこと
<< パリの「デパ地下」は地下じゃな... 祈りの町、パリ・・・(パリ旅行... >>