ボ、ボンジュール、パリ・・・!?(パリ旅行1日目)

先週、それは11月19日(土)の15時20分のことである。
私は・・・その一か月前には考えてもみなかった場所、フランスのシャルル・ド・ゴール空港に降り立っていた・・・。もう・・・自分でも・・・びっくりである・・・。
アクティブな人間ならいざ知らず・・・、飛行機苦手な上に、丈夫な方ではなく、かつ、メマイ持ちになってしまったので、「ヨーロッパなんて夢のまた夢」と、「もう 無理しないで小さく生きていこう」と、畑にしゃがみながら そう考えるようになっていた。それで じゅうぶんに しあわせであった。
そんな私に、しばらく前から夫が「娘2がもしAOで公立大学に合格したらさ、頑張ってパリ行こうぜ!」っと言っていた。たしかに、娘2がはやく合格を決めてくれたなら、塾の世話にもならず、余計な受験料も払わず、かつ、公立なら授業料もずいぶん安くなるし、何より、入学までの間は娘2が家にいるので 犬らの留守番の心配もない・・・。それに 来年は銀婚式を迎える・・・。「50歳まで生きたなら、残りの人生はおまけみたいなものだ」と 五木寛之先生も言っていた気がする・・・。そして私は今年50になった・・・。
「いつか行こう、って思ってても、いつかなんてないよ。今しか、ないよ。」っと娘1に背中を押され、「留守はちゃんとやっとくから大丈夫!」っと娘2に胸を張られ、「娘2の合格」という「他力」に押し出されて、あれよあれよという間に・・・気づけばフランスのシャルル・ド・ゴール空港に降り立っていた・・・。パスポートとクレジットカード、簡単な洗面用具と化粧品、薬一式、着替えは下着3日分、洋服は着ているもののほかに もう1パターン、という簡単な準備のみ。家を出てから、成田経由で3258歩のことであった・・・。
c0055904_16503968.jpg
・・・ま、あれよあれよ、といっても、11時間半の飛行機は大変だったけどね・・・。途中で辛くて ずいぶん立ち歩いて、一番後ろの窓の所で体操なんかもしちゃったけどね・・・。

短期間に、人から借りたものも含めて7冊ものパリのガイドブックを3回ずつも読んだ夫が、6泊8日のパリ生活のために選んだのは、現地の日本人スタッフが対応してくれるブローニュの森近くのアパートメントであった。
c0055904_2044890.jpg
きれいな中庭を囲むように建てられたアパートメントの3階(日本では4階にあたる)の小さな部屋には、二人掛けのソファと一人掛けのソファ、小さな食卓と、椅子が3脚、テレビ、インターネットの無線LAN、そして小さなシンクとIHクッキングヒーターが2口、小さな冷蔵庫、食器や調理器具一式、炊飯器、電気ポットもある。さて、ベッドは、というと、天井に 寝具ごと上げるようになっており、必要に応じて スルスルと引き下ろすのである。短い廊下には洗面とトイレ、お風呂があり、洗濯機、掃除機もある。つまりは、ここで 自炊し、洗濯も掃除もするわけである。
c0055904_20173544.jpg
空港から乗ったタクシーの運転手さんに、ちょっと違う場所でおろされて、フランス語はおろか英語も出来ない人間が いきなりの迷子であったが、フランス人一家と新聞スタンドの人に助けてもらって、約束の時間ギリギリにアパート前に到着、無事に日本人スタッフと合流して、アパートメントの鍵をもらい、携帯電話(受信専用)も無料で借りることができた。いざとなれば日本人スタッフにSOSが出せる、1週間の「にわかパリっ子」生活のはじまりである・・・。
7冊のガイドブックを3回ずつ読んだ夫とは反対に、1冊のガイドブックをパラパラっとめくっただけの私・・・。その上 実は大学時代の第2外国語が実はフランス語であった、という夫・・・。ボンジュールとメルシーしか知らない、いつもフワフワなメマイ状態の私・・・。ハンデはあまりにも大きい・・・。なので、心の中で ひっそりと、「無事に帰国する」と「エッフェル塔の足元に行く」ということだけを 私なりの今回の旅の目標にしたのであった・・・。
・・・ま、夫の「第2外国語が実はフランス語」に関しては、「そういえば 思い出したんだけど・・・」という前置きがあっての告白だったのがうなづける程度の力、・・・でしたけどね・・・。
(つづく・・・)
[PR]
by hatake-garden | 2011-12-01 17:10 | 旅先のこと
<< 空の町、パリ・・・(パリ旅行2... いろんなとこから >>