ウータンと朝食を~シンガポール旅日記(4)

夜中まで腹痛だった娘2につきあって寝不足のまま2回目の朝をむかえました。娘の体調も回復! さぁ、ぼんやりはしていられません! 素早く身じたくを整え、タクシーに乗ってシンガポール動物園へ。
チャイナタウン駅そばのホテルから動物園までは車で30分ほど。月曜日の高速道路は 仕事に向かう人たちを荷台に乗せたトラックが目立ちます。今日のタクシーの運転手さんはとっても無口。ラジオから流れるのはアメリカンロック。乗ってるトヨタ車には なんと群馬の販売店のシールが貼ってある! ・・・だから、そんな話で会話したいのですが・・・力不足の私なのであります・・・。う~残念!

ハンサムで運転が上手で無口な運転手さんとバイバイして、さぁ!待望のシンガポール動物園です!! 
チケットを買ってゲートをくぐると 私たちを包み込むように「ホウホウ!」「ハオハオ!」っと大きな声が響きます。
「気分を盛り上げるために放送で流してるんじゃん」などと言いながら ふっと頭上を見上げると、
c0055904_1511020.jpg
「ひょぇっ! ホンモノじゃん!」
あっちやこっちでサルが鳴き、木から木へと活発に動いています。檻もない放し飼い、というよりも、彼らの住処に迷い込んだという状況に しばし呆然! 感動のあまり心が震えました。すばらしい!
私たちがサルを見て興奮するのと同じように サルの方も 朝早くのお客に興奮しているようです。
あっちやこっちのサルたちを きょろきょろ見ながらジャングル・ブレックファーストのレストランに急ぎます。

まるでジャングルの中のような、緑に囲まれた気持ちのいい屋外型レストランに予約順に用意された席、我が家は夫のがんばりのおかげで最前列、さっそく朝食バイキングです。
c0055904_15213697.jpg
飲茶に洋食、シンガポール名物のカヤトーストは 笑顔の素敵なおじさんが目の前で焼いてくれます。そしてフルーツの美味しいこと! すばらしいロケーションに 会話も食事もはずみます。
っと、そこへ・・・
c0055904_15275141.jpg
オラウータンたちの登場です!
「オラウータンと食事」と聞いて、「それってオラウータンの展示場を囲んでの食事ってこと?」「あぁ、オラウータンが抱っこされて登場して しばらくいっしょにいるのね」っと思っていた私は もうびっくり! 彼らは 木々やツルなどをつたって 自分たちの居住スペースから自らやってきたのです。 道路も、上空に張ってあるツルをつたって渡ります。
そして、私たちのテーブルのすぐそばに設えられたスペースに集まり、係の人の紹介のあと、オラウータンもフルーツの朝食です!
c0055904_15334585.jpg
親子の仲むつまじい姿は 見ているだけで幸せな気持ちに。
c0055904_15363793.jpg
時に、ポーズをとってくれているのか、すっくと立ち上がったりしてお茶目なオラウータン。
小さな小さなサルもやってきました。黒くて小さくってかわいくって、うちのブッチクンみたい!
c0055904_15381134.jpg
希望者は順番にオラウータンと写真撮影もでき、カメラマンが撮った写真を買うこともできます。

私たちがすっかりオラウータンのとりことなってしまった頃、オラウータンは また自らツルや木々をつたって 帰っていきました。最後の一人だけは 係の人に甘えるように抱っこをせがみ、抱っこで帰っていきました。へへへ。・・・ますますオラウータンにメロメロです。

シンガポール動物園は 28ヘクタール、上野動物園の2倍ほどの広大な敷地で 約300種2500頭もの動物(そのうち16% は絶滅危惧種)を「オープン・ズーコンセプト」、つまり、昔風の檻の中とは違い植物や堀などを利用し できるだけ自然に近い環境で飼育している動物園です。・・・ということで、抜群にすばらしい環境で かつ広い!!! 本気で歩くと・・・本気で疲れます・・・。だから みんなトラムというバスみたいな乗り物に乗ります。
・・・でも、今日は午後からセントーサ島に行くので、地図を見ながら ショートカットで ここぞというところを狙い撃ちです・・・。

世界4大珍獣の1つ、コビトカバ。・・・動物好きの私、感動・・・。
c0055904_1613378.jpg
そのコビトカバが水中を泳いでいるところ!!!・・・さらに感動する私・・・。
c0055904_16132371.jpg
ちなみに世界4大珍獣とは、このコビトカバの他に オカピ、ボンゴ、ジャイアントパンダ だそうで、上野動物園ではそのすべてを飼育しているそうで(パンダは死んじゃいましたね・・・)、オカピはわが町のズーラシア動物園でも飼育されております。・・・すばらしい!
園内ではあちこちで小さなプログラムを行っており、シロクマはちょうど朝食の時間。水中で大きなスイカをもらってワシワシ食べたら、次は 水中に放された大きな魚を 必死にもぐって捕まえます。
c0055904_16294738.jpg
けっこう頑張って、やっと捕まえた大きな魚を 見せびらかす姿のかわいいこと!
c0055904_16445031.jpg
テングザルのスペースでは 「英語はちょっとだけ」という私たちに合わせて わかりやすくゆっくり解説してくれました。3問出たクイズのうち2問を当てて、家族に誉められた私!(最後の1問は 夫に譲ってあげて・・・夫、はずしましたよ・・・)最後には係の方にも「あのレディは特にすばらしかったわ!」っと誉めてもらって テングになりました! クイズ当てたのもすごいけど、クイズを聞き取れたのもすごいでしょ!っと 自分で自分を誉めました。・・・中学から大学卒業までの10年間の苦手だった英語の勉強が25年たってやっと役に立ちましたよ・・・。勉強は やっぱり大切ですね・・・。うむ。
c0055904_16512591.jpg
1ファミリー5ドルでカンガルーにごはんをあげることもでき、その大きな目と 食いしん坊な様子に コルチャンを重ねて ウルッとなり、
c0055904_16522156.jpg
園内の トロピカルな植物を愛でつつ、「あぁ、これによく似たのが、うちのそばの園芸店で2万円で売ってたよ~」などなど妙に現実的なことを思いつつ、
c0055904_1654668.jpg
気持ち良さそうに寝ているホワイトタイガーに 猫のちびを重ね、
c0055904_1655052.jpg
目の前でまどろむライオンにも ちびを重ね、
c0055904_16554353.jpg
かわいい寝顔のシロサイになごんで、
c0055904_1656535.jpg
後ろ髪引かれまくりながら 動物園をあとにしました。

あぁ、また来る、絶対に・・・。

その時は すみからすみまで楽しみたい!!
ゾウにも乗りたかったし、マナティにも会いたかったよぉ~~。(←ほとんど絶叫・・・。)
[PR]
by hatake-garden | 2009-01-19 16:30 | 旅先のこと
<< ツバメに感動、カニに感激〜シン... 夢は夜開く~シンガポール旅日記(3) >>