夢は夜開く~シンガポール旅日記(3)

ホテルのベッドで泥のように眠っていた娘1が目を覚ました頃、チャイナタウンに出かけていた夫と娘2が帰ってきました。
朝のテレビで見た中国獅子のハンドパペットのような キラキラしたかわいい物がたくさんありそうなチャイナタウン、『地球の歩き方』にも中華グッズや食品、骨董品、衣料品の他、ハンコ彫りや絵付けなどの実演販売もあって楽しさ満載!と書いてあるので、どんなだったか様子を聞くのを楽しみにしていたら・・・娘2の様子が変。「もう、心の病気になりそうだ・・・」としばらく口もききません・・・。ホテルから近いので後でまた行こうと思っていたら、「もう絶対行きたくない・・・」っと厳しい顔。「細かい話は今したくないけど、とにかく辛かった。人権問題だよ。」

後の夫の話によると、チャイナタウンに向かう途中、手足のない物乞いがいたそうです。その様子に娘2は大きな衝撃を受け ひどく傷ついた、それを配慮しないで、満員の通勤電車の中をかきわけて歩くような状態のチャイナタウンを 自分のペースで連れまわしてしまった、とのこと。娘2は、シンガポールのきれいなところだけを見て通り過ぎてしまうのとは違う経験をしたようでした。


屋台で買った中華蒸しパンを食べて気分を入れ替え、夕暮れ時、タクシースタンドからタクシーに乗り マーライオン・パークへ。
シンガポールの車は トヨタ車が多く、日産、ホンダもたくさんいます。タクシーもたくさん走っていますが、道路の端に引かれた線の種類によって、タクシーの乗り降りができるところ、できないところにわかれているので タクシースタンドで待つのが簡単で確実な方法です。
MRTに乗るのと違って、タクシーは運転手さんと会話する楽しさがあります。最初は「これって何語?」っというくらい、中国語にも英語にも聞こえなかったのですが、3回ほど同じ事を繰り返してもらうと だんだん英単語が聞き取れてきました。これが噂に聞いた 英語に中国語やマレー語を混ぜた「シングリッシュ」というもののようです。全部がわからなくても一部の単語がわかると 案外通じるし、冗談もわかって笑い合えたり。シンガポールでお世話になった運転手さんはどの人も陽気で親切で そんなことがシンガポールの印象をいっそう素敵にしたのは間違いないことです。

以前は 口から噴出す水が出なくなったりして 有名なわりに見ると残念な「世界三大がっかり」のひとつとされていたマーライオン(あとの二つは何でしょう? 答えは一番下へ)、「だからオレは行かないぜ」っという夫を説き伏せ 出かけることにしたわけですが、2002年に移転、整備されたマーライオン・パークは とてもきれいで、「シンガポールに来たら やっぱりマーライオン見なくっちゃねっ!」っと納得できるすばらしさでした。
c0055904_12124473.jpg
勢いよく水を噴出す大きなマーライオンと背中合わせのミニマーライオン、こちらはチョボチョボチョボっと 水道の蛇口をひねった程度のかわいさで水を出しています。
c0055904_11203432.jpg
あたりはすっかり暗くなり、エスブラネード・シアター(シアター&コンサートホールなどの文化複合施設)をはじめとするシティ・ホール、マリーナ・エリアの夜景がきれいに浮かびあがり、半袖姿で暑くも寒くもなく、蚊にもさされないシンガポールの夜は最高に気持ちいい!
c0055904_1131868.jpg
マーライオン・パークからシンガポール川に沿って西へ行くと、ダイニングエリアとして大人気のボート・キー、レストランはもちろんライブスポットやクラブでにぎわうクラーク・キーと続きます。
c0055904_11444183.jpg
こういう時間にこういう場所を楽しめるのは子どもたちが大きくなったからだね、と夫としみじみ。

この日の夕食はボート・キーの中華料理「金徳來中華拉面」、川沿いのテーブル席を選びました。
c0055904_11461274.jpg
c0055904_11504258.jpg
このお店は 呼び込みも料理を運ぶのもほとんどみんな男性、後で考えると それは案外めずらしいタイプだったのかもしれません。
頼んだ6種類のお料理はどれもとってもおいしく、家族4人 おなかいっぱい食べて、夫のお酒も入れて、97.5ドル 日本円で6350円、大満足の内容です! 美しい夜景を楽しみながら 川からの心地よい風を受けて 外で食べる食事のなんと贅沢で幸せなこと。
c0055904_1244873.jpg

娘2が昼間に会ったチャイナタウンの物乞いのこと、戦時中に日本軍がシンガポールを占領して虐殺をしたこと、そんなことを思い、今の時間に感謝しつつ、シンガポールの2日目の夜は暮れていきました。


※「世界三大がっかり」の残りの2つは・・・コペンハーゲンの人魚姫、ブリュッセルの小便小僧・・・だそうです。
[PR]
by hatake-garden | 2009-01-17 12:12 | 旅先のこと
<< ウータンと朝食を~シンガポール... インドのようなシンガポールでホ... >>